2014年からサクラサイトが減少した理由とは

2014年くらいから、サクラサイトが減少傾向にあります。
このような悪質サイトが減少してきている理由というのはいくつか考えられます。

利用者が騙されなくなってきている

以前は完全無料の出会い系サイトにサクラがいたりしていることが多かったものです。
メールレディが有料で悪質な出会い系に誘導をさせようとしていたのですが、インターネット上でサクラが良くしている手口やメールの傾向などを取り上げている情報サイトが増えています。
そのため、出会い系を利用する前に、メールレディのメールなどの特徴を学んでおく人が多くなりました。
さらに悪質な出会い系の名前を一覧にしているサイトや掲示板も増えたことによって、悪質サイトに登録をしない人が多くなったことも理由の一つとして考えられます。

悪質な出会い系業者の摘発数が増えている

近年、警察も悪質な出会い系の業者の摘発に力を入れている傾向があります。
年々、摘発数が増えており、2014年前半だけでも検挙された業者は298件になっています。
悪質な出会い系業者は複数の悪質なサイトを運営しているということがほとんどです。
そのため、300近い業者が検挙されたことによって、相当な数の悪質な出会い系が閉鎖されたと考えていいでしょう。
この悪質業者の減少も悪質サイトが少なくなってきている大きな理由の一つになっています。

完全になくなったわけではない

2014年から悪質サイトがかなり少なくなってきていて、以前より出会いは探しやすくなっていることは間違いありませんが、撲滅されたわけではありません。
ですから、悪質サイトが酸くなったとはいえ、適当に出会い系サイトの会員になるという軽挙な行動は慎むようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ