愛人が欲しくて出会い系を使う?

出会い系アプリを使う目的はさまざまです。セックスをしたい女性という範囲内でも、浮気を目的としている主婦やヤりたいだけのギャル、セフレを探している未婚者、援交目的の大学生などがいます。しかし、「愛人契約を結びたい」という方はあまりいないようです。

出会い系アプリでは1割程 お金を払って親密な仲になる愛人契約

これはお金を支払う代わりに定期的にデートや性的関係を持つと約束することを指します。多くの場合、既婚男性が浮気を目的として提案します。似たものに援助交際がありますが、1度切りのセックスで別れることはなく、より長く、深い付き合いになることが違う点です。

月々に支払う金額は男性の経済力や女性のスペックなどによってさまざまです。毎月15万円という方もいれば、60万という方もいるようです。セックスだけは別料金で、1回につき5万円というパターンもあります。いずれにせよ、相当の経済力がなければ成り立たないものです。

愛人が欲しいならサイトよりも飲み屋へ

インターネット上で相手を探すことはおすすめできません。その理由として、まずユーザーはもっとピュアか、カジュアルな関係を望んでいます。恋人とくらべると遥かにアングラで、セフレや援交よりもずっとディープなものですから、提案に対して気楽に「はい」と言えるようなものではないようです。

また、画面越しでは異性のスペックがよく分からないということも問題です。深い付き合いをする以上、1日だけの関係よりも相性が求められます。繁華街の飲み屋などに行って女性ならホステスに、男性ならキャバ嬢などに声を掛けたほうがずっとお互いのことが良く分かる上に相手の質が高く、手っ取り早いでしょう。

出会い系アプリを使った愛人探しはとても困難です。そもそも相当のお金がなければ成り立たないものですから、ほとんどの方には手は出せないはず。無理をするよりも、出会い系アプリを使って恋人やセフレを作ったほうがずっと満足できるかもしれません。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ