出会い系サイトが衰退しているのは、LINEやカカオトーク等のソーシャル系が理由

最近、出会い系サイトの利用者数が少なくなってきており、出会い系サイト全盛期の頃と比べると衰退してきているといわれています。
出会い系が衰退している大きな理由として、ソーシャル系のコミュニケーションツールを利用する人が多くなったことが挙げられます。

ソーシャル系の台頭

多くの人がスマートフォンを持つようになってから、出会いの探し方に大きな変化が現れるようになりました。
スマートフォンのアプリとして、カカオトークやLINEなどのようなコミュニケーションツールを利用してやり取りをするという人が非常に多くなったことが理由でしょう。
カカオトークやLINEなどの場合、リアルタイムでメッセージの交換をしたり、無料通話をすることが可能になっているため、このソーシャル系のアプリを使って出会いを探すという人が多くなりました。

有料の出会い系を中心に大打撃

LINEなどはIDを交換すれば、出会い系サイトを介してやり取りをしなくても、個人でやり取りをすることが出来るようになっているため、ある程度出会い系でやり取りをするようになってから、IDを交換して直接やり取りをするという人が多くなりました。
これによって、有料の出会い系は利益が会員たちのメールのやり取りで利益を得られなくなってしまい、出会い系サイトから撤退をしてしまったりするということも多くなったのです。
このように出会い系を取り巻く環境も、この数年で急変してきており、ユーザーの流出を防ぐために、色々なサービスの展開を行うようになってきています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ