エロ画像だらけの比較サイトはNG

男性というのは、ほとんどが女性のエッチな画像に魅力を感じる生き物だと思います。
他の欲求、たとえば食欲では、天丼に反応する人もいれば、お刺身には食欲がわかない人もいます。
でも、男性の性欲というのは正直というか単純なもので、多少の好みはあるにせよ、女性の裸やエッチなシーンであれば、なんとなく反応してしまいます。
だから、インターネットではエッチなビジネスが流行るのです。
まず、ユーザーの裾野が広いですよね。
それと、リアルでは恥じらいがあっても、インターネットなら堂々と情報に接することができるメリットもあります。
さて、これは男性の性欲に限った話です。
では、女性に関してはどうでしょうか?
女性は基本的に警戒心の強い生き物だと思ってよく、また日本人の女性は、あまりストレートな表現を好みません。
さらに、女性が「受け」であること、つまり「ヤラれている」ことを想起させるような画像は受け付けない人が多いです。
ところで、あなたが見ているセフレサイトやセフレの比較サイト、エロ画像だらけではありませんか?
そのサイトには、女性会員もいるべきサイトですよね。
そのサイトのデザインで、はたして女性会員は、集まってきてくれるのでしょうか。

イチ押しでも「アフィリエイト」だったら

「アフィリエイト」って知っていますか?

サイトの運営者が、何か他のサイトのリンクを貼っておいて、訪れたユーザーがそのリンクをたどってアクセスした場合、もしくはそのリンクをたどってアクセスし、買い物や会員登録をした場合に、サイト運営者に報酬が支払われるという仕組みです。

アフィリエイトが行なわれている業種業界は多岐にわたっていて、インターネットショッピングはもちろんのこと、エステや旅行といったサービス業でも、盛んに行なわれています。

もちろんその中に、出会い系サイトやセフレサイトだって含まれているわけです。

さてここで、あなたがサイトの運営者だったら、どんなアフィリエイトを貼るでしょうか?

答えはひとつですよね…「儲かるアフィリエイトを貼る」。

つまり、「報酬の高いもの」、もしくは「クリックされやすいもの」を貼るほうが、自分に得になるわけです。

さて、セフレの比較サイトというのは、さまざまなリンクが貼ってあったりしますね。

中には、「オススメ」や「イチオシ」といったアイコンとともにサイトが紹介してあるものも…。

でも、ちょっとそのリンクにマウスオーバーしてみてください。

ブラウザの下に表示されるURL、どんな表示になっていますか?

やたら長かったり、変な単語が混じっていたりしたら、それはアフィリエイトです。

もちろん、アフィリエイトだからといって悪いサイトを紹介しているわけではないですが、客観的な比較サイトではない可能性があることを覚えておいてください。

比較サイトの「運営者」もよく見るべし

「アイツ、近々結婚するらしいぞ」
「アイツ、部長の娘に手ぇだしたって理由で、こんど左遷するらしいぞ」
人間はウワサ話が大好きですよね。
真偽のほどはともかくとして、他人がどうしたこうしたというウワサが大好きです。
でも、好きなのと、本当かウソか、というのは違います。
自分に関係があるウワサで、本当かウソが見極めなければならなくなったとき、あなたはどうするでしょうか?
一番早くて確実な方法は、その「情報ソース」、つまり出所を突き止めることですよね。
たとえば「○○結婚!」というヘッドラインが流れていて、びっくりして情報ソースを洗い出したら、報道機関でもなんでもなくて、ただの掲示板の書き込みだった、ということもあるでしょう。
誰が、どのように情報をながしているのか、ということは、インターネットの中ではけっこう重要なことなんです。
だから、セフレ比較サイトでも、普段は絶対みないと思いますが、「運営者情報」を探してみましょう。
注意しなければいけないのは、運営者情報がない、もしくは曖昧なときと、その会社に問題があるときです。
前者は言わずもがなですね、どこの誰が流しているのかも分からない情報は信用できないでしょう。
後者は、たとえば比較サイトでイチオシになっているセフレサイトと、運営会社が同じだったりする場合です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ