逆援助って本当にあるの?

神待ちや売春など、出会い系アプリに関する噂はさまざまです。その中でも特に魅力的なものが逆援助、いわゆる逆援です。これは男性がお金を貰ってセックスをするというものですが、実際にはそのような旨い話はありません。

セレブな女性が出会い系アプリを使って募集しているという噂

serebu
お金を支払ってセックスするからには、相応の経済力がなければ成り立ちません。
そのため、逆援を希望する方のほとんどが30代オーバーの方だと言われています。

その経歴はさまざまで、「旦那が会社の幹部である不倫希望のブルジョア主婦」「バリバリ働き過ぎて婚期を逃したキャリアウーマン」「元風俗嬢だが日々が物足りないセミプロ」などが挙げられます。

一方で、男性側の特徴は意外とごく普通です。「イケメンであることが絶対条件」「ホストみたいな気配り上手でなければ駄目」というイメージを抱く方が多いでしょう。しかし、上記のような女性は相手のスペックをそこまで求めてはおらず、単に寂しいからという理由で募集していることが多いと言われています。

逆援助という言葉が出来たきっかけはスパムメール

上記のように男性にとってあまりに美味しい条件から、「本当かな?」と疑いながらもついつい騙されてしまう方が後を絶ちません。実際にこのような話はありません。万が一あったとしても、それらはごく一部に独占されるものです。少なくとも出会い系アプリなどで見ず知らずの人に情報を流すようなことはないと考えましょう。

このような美味しい話の由来は「女性から1000万振り込まれました」という類のスパムメールです。女性が金銭を受け取るものとして広まった言葉が援助交際ですが、その逆であるからこのような名前が付きました。このように詐欺が発祥ということから、信ぴょう性がないと分かるはずです。

出会い系アプリを使っているとどこかで見ることになるだろう「逆援助」というワード。男性にとっては魅力的ですが、実際にそのようなものはないと考えましょう。飛び付いてしまうと、詐欺などの被害に遭うかもしれません。最初からまっとうな関係を望むことがもっとも安全でおすすめです。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ