サクラとは違う「業者」の存在とは

出会い系サイトやセフレサイトには、サクラのほかにもうひとつ「敵」となる存在がいるのです。
それは、「業者」の存在です。
サクラは通常、その出会い系サイトやセフレサイトの運営側に雇われて、女性を演じ、サイト内で機能をたくさん使わせようとします。
が、業者はまったく別のサイトから女性を装って入り込み、男性にアプローチする存在のことを言います。
なぜ業者はそんなことをするのかというと、主な目的は「利用者の横取り」であることが多いです。
現在、出会い系サイトやセフレサイトも、さまざまな事件などが報じられるごとに、男性も女性もやや消極的になりつつあります。
そうすると、新規獲得のパイが少なくなって、既存のパイの奪い合い、ということになるわけです。
とくに、現時点で知名度のないところにとっては、少しでも利用者を獲得して、お金を落としてもらわないと成り立ちません。
そのため、手っ取り早く、女性を装って、自分のところのサイトへ誘導しようとしている、というわけです。
だから、いくら巧妙でフェミニンな女の子に見えるとはいえ、
「このサイトの運営は信用できないから退会しようと思うんだ」
「よければ、こっちのサイトでやり取りしようよ」
といって別のサイトを紹介してくる女性は、おそらく業者である可能性が高いといえるでしょう。

サクラと業者の住み分け問題 最近はボーダレス化?

それにしても、女性と出会うまではさまざまなハードルがあるものです。
出会い系サイトには有料サイトと無料サイトがありますが、サクラや業者はなりふり構わず、という状況になってきています。
傾向としては、サクラが有料サイトに、業者は無料サイトに多く存在しがち、という説もあります。
つまり、サクラは自分の有料サイトに、ユーザーからたくさんポイントを引き出して課金させ、お金を落としてもらうのが目的だから。
業者は、自分の有料サイトに客を呼び込むのが目的で、それにはまだ出会いサイトやセフレサイトにお金を使っていない人のほうが、「ホントに会えるなら少しくらいお金を使っても」となりやすいからです。
また無料サイトでそうした行為が堂々とできるのは、業者がサクラの役割を果たしてユーザーを一時的にでもつないでくれるからです。
さらに、無料サイトと有料サイトを同時に運営して、最初に無料サイトで囲い込んだユーザーを、巧みに有料サイトに引きこむ、という手口をつかっている業者もあります。
ただ、いずれにしても現在ではその住み分けは曖昧になってきています。
サクラが業者的な役割として無料サイトに入り込む場合もありますし、業者が有料サイトに入り込んでユーザーに乗り換えを進めたりと、その競争は激しさを増すばかりです。

業者がユーザーを誘う「目的」は…

サクラと業者は違うと言っても、その手口はほとんど似たようなものです。
あたかも一般の女性会員かのように装って、他愛もない会話を弾ませます。
ときにはエッチな話や、会いたいなぁなんて話をしてユーザーに期待感をもたせ、「もう少しで会える」と思わせます。
ただ、ここからの目的が、サクラと業者とでは違うのです。
サクラは、特にポイント制の有料サイトであれば目的はひとつです。
ユーザーに、いかにポイントを使ってもらえるか、が勝負なので、会話を短く切って、とにかく回数をこなしていきます。
無料のサイトであっても、無料ポイントを使いきったら自動で有料に切り替え、といったところではそうしたサクラが横行しています。
これに対して業者は、どんなシステムのサイトにも存在する可能性が有るといっても過言ではないでしょう。
なぜかというと、業者は自分のサイトへの「客寄せ」だからです。
他のサイトから、自分のサイトへユーザーを引っ張りたいがために、業者は他のサイトで女性になりすましているのです。
だから、「ねぇ、私こっちのサイトをメインで使ってるんだけど、こっちでやり取りしようよ!こっちなら直メ教えるし」といった誘惑をかけて、ユーザーを奪い取っていくのです。
mixiやFacebookなどならまだしも、他の出会い系やセフレサイトに誘ってくる女性は、まずいないと言っていいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ