イケメンってお得!?色々買ってくれるセフレ

イケメン友人が「ヒモ」 羨ましい事実

「ただしイケメンに限る」という文言が流行ったことがありました。
ちょっとインターネットをかじっている人であれば、知っていると思います。
これは、外見・容姿重視である女性が多いことから、イケメンである人の実生活が、無数のレバレッジ効果によって、そうでない男性よりも有利に働いている、ということを指します。
つまり、イケメンでない人たちの自嘲・自虐ネタでもあります。
楽器やスポーツをやっていても、その人物がブサイクだったら、そのキャラクターは「ブサイク」ですし、口下手で無表情でも、その人物がイケメンだったら、そのキャラクターは「イケメン」です。
さて、どちらがモテるでしょうか?というわけです。
でも、私はインターネットの逸話を鵜呑みにしたわけでも、イメージでものごとを語ってるわけでもありません。
実際に私の友人がイケメンで、なんともお得な体験をしているのをみて、やっぱりイケメンってお得なんだ、と思ったからこそ、「ただしイケメンに限る」は真実だなと思った次第なのです。
私には見向きもしない、目元ぱっちりなかわいらしい女性が、友人のイケメンには振り向く。
私には見向きもしない、キャバクラに勤めているような黒ギャル系女子も、友人のイケメンには振り向く。
そしてさらに羨ましいのが、その女子たちの「ヒモ」のようになっているという事実でした。

精神的「イケメン」になってセフレに貢がせる

ikemen
「ヒモ」化している友人イケメンのことを、僕は羨ましい!と思いました。
なぜ、ただ顔がいいだけでこんなふうに差がつくんだ!と床を叩いたこともありました。
でも、こんな言葉が僕を救いました。
ある日、同じサークルの先輩が飲み会で言った一言が、僕を変えるきっかけになったのです。
「外見なんて、最初だけですぐに飽きちゃう」「あとは中身よ、いかに女性を依存させられるかが男性の包容力なのね」
そう、つまり外見は最初に履いているゲタにすぎなくて、本質的な部分は、女性を満足させられる中身かどうかで決まる…。
その言葉に僕ははっとさせられました。
僕の友人イケメンは、外見だけでモテてると思いきや、きちんと女性をリードして、「別れたくない」と思わせるのが上手なことに気づいたんです。
それから僕は、女性に対するコミュニケーションの仕方を変えました。
最初はぎこちなかったですけど、だんだん女性を褒めちぎるのも慣れてきて、きちんとエスコートできるようになったんです。
そしたら違いますね。
友人ほどではないですけど、ちゃんとセフレもできましたし、貢いでくれる女の子もいます。
もちろん外見も重要ですけど、清潔感さえあればOKで、あとは中身ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ