出会い系で神待ちしている女性はいるのか?

出会い系アプリにいる存在としてインターネット上でよく噂されている「神待ち」。
これは家出した女性がタダで泊めてくれる人を探している状態を指します。
そのようなユーザーは数が少ないため、「本当にいるのか」と疑うことも無理はありません。
しかし、運営者自身が実際に出会ったことがあります。

神待ちする目的とは?

神待ちのもっとも大きな目的は上記のように宿泊先を提供してくれる人を探すことです。
家出した女性は金銭的に余裕がないことが多々あります。
それがまだ仕事をしていない学生ならなおさらでしょう。
彼女たちに取れる選択肢はかなり少なく、友人の家に転がり込むか、それを「悪い」と思って見知らぬ人の家に泊めて貰うかぐらいです。

そのような時に出会い系アプリはとても便利です。
近年のサービスは女性ユーザーの利用料が無料というところが多いため、気軽に使えます。
また、宿を借りる以上は何かしらの対価が必要とされるもの。
ヤりたい人が集まっているところなら身体を差し出せばタダで泊めて貰えるのですから、かなり都合が良い環境だと言えるでしょう。

実際に神待ちした女性と会った時の体験談

iedesyoujo
実際に、当サイトの運営者自身も出会い系アプリで家出少女と出会ったことがあります。
ストアの中でも評判が高いもので、異性と会える率が高いサービスでの出来事でした。
掲示板に「泊めてください」というタイトルの書き込みがされており、中身を見てみると案の定と言ったところです。

彼女たちは焦っているためか会うか会わないかの決断を急かす傾向があるようです。
それでも出会ってから認識にズレがあって「こんなはずでは」と失敗しないよう、メッセージのやり取りは怠ってはならないでしょう。
ゆっくりコミュニケーションを取れないなら、聞きたいことを箇条書きにして1文にまとめて送るということも手のようです。

出会ってみると、相手は20歳の大学生でした。
話を聞いてみると両親と喧嘩をしたことが原因のようです。
知らない男性と寝ることは割と慣れているようで、「仕方がない」と言っていました。
いろいろと聞いたものの、彼女たちとしてはあまり余計な詮索はして欲しくないようです。

出会い系アプリに家出少女は本当にいます。
特に経済的に余裕がない若い娘が多いようです。
彼女たちと会うなら、迅速なコミュニケーションで安心感を与えることがコツでしょう。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ