契約した覚えのない出会い系

Q:契約した覚えのない出会い系サイトから、頻繁に請求メールが来るのですが?
A:契約した覚えがない出会い系サイトであれば、何度も請求が来ても、架空請求ですから無視しましょう。

メールでの請求は無効ですし、無視するのが一番です。

メールが何度も届くのをやめさせようとして、問い合わせのメールや、電話での問い合わせをするのは、個人情報を悪徳業者に与えてしまうことになるため禁物です。

ただ、最近は無視してはいけないケースの架空請求があるため、注意が必要です。

無視してはいけないのは、裁判所からの連絡です。

裁判所からの書類が届いた場合には、身に覚えがなくても必ず本当の裁判所から届いたかどうか、まず確認しましょう。

督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求の場合、放置すると自動的に敗訴して、支払いしなくてはいけなくなります。

裁判所からの正式書類には、異議申し立てする等、きちんと対応しましょう。

ただし、裁判所からの書類は必ず郵送による手渡しなので、ポストに入っていた場合は裁判所からのものではあり得ません。

従って、振込指示があっても振り込んではいけませんし、連絡先に電話などの問い合わせもしてはいけません。

不安な場合は、消費者センターや警察などに相談しましょう。

出会い系サイトから、請求書

Q:出会い系サイトから、請求書が自宅に届いたのですが、登録したり利用した覚えがありません。
支払いをしないと裁判にするといった内容が書かれていて怖いのですが、支払いしないといけませんか?
A:身に覚えのない出会い系サイトからの請求書であれば、架空請求ですから無視しましょう。

裁判にする等が書かれていても、実際に裁判書からの郵送物でない限り、無視です。

一種の振り込み詐欺ですから、面倒だったり、怖いからという理由などもあるでしょうが、決して、記載されている振り込み口座にお金を振り込んでは行けません。

また、問い合わせの電話や手紙なども厳禁です。

電話をしたり、手紙やメールを出すことで個人情報を手渡すことになりますので、絶対に駄目です。

証拠として出会い系サイトから来た請求書などの書面は保存しておくのが良いですが、内容は無視してください。

余りにも心配な場合には、消費者センターや警察に相談するようにしましょう。

架空請求詐欺でも無視してはいけないものとしては、希にですが、督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求もあります。

この場合は裁判所から本物の連絡が来ますので、法務省のサイトなどを参照し、決して無視せず対処してください。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ