広告をクリックしたら

Q:広告をクリックしたらいきなり出会い系サイトに登録されてしまいました。
ポイントも購入したことになっていて、支払いを要求する画面がでています。どうしたら良いでしょう?
A:ワンクリックで契約されてしまう被害は、電子消費者契約法に基づいて、契約の無効を主張できますから、支払いをする必要はありませんし、無視しましょう。

メールアドレスを変更したり、着信拒否するなどの対処もした方が良い場合があります。

問い合わせのメールを送ると、メールアドレスが特定され、延滞料を支払うように要求されたり、更に迷惑メールや請求メールが送り付けられてきますので、問い合わせメールなどは送らないようにしましょう。

万が一、慌てて支払いをしてしまった場合は、一刻も早く、法律のプロに相談しましょう。

騙されて振り込んでしまったお金は、取り戻せる可能性が高いので、出会い系専門の法律事務所の無料相談窓口などで、まず相談しましょう。

支払いに応じて支払ってしまうと、そのサイトと連絡がとれなくなったり、サイトが閉鎖してしまうこともあり、悪徳業者の足取りが掴みにくくなりますから、できる限り早急に、法律事務所に対処方法を相談するのが望ましいです。

出会い系サイトでワンクリック詐欺

Q:出会い系サイトに登録したら、ワンクリック詐欺にあってしまいました。
登録後に大量のメールが送られてくるようになって、ついリンクをクリックしてしまったら、会員登録されてしまい、入会金を要求されています。
高額の請求なので支払いするのはとても無理です。支払わないと裁判に持ち込むと言われてどうしたら良いかわかりません。
A:悪徳出会い系サイト関連でのワンクリック詐欺はとても多くなっています。
ワンクリック詐欺の場合、電子消費者契約法に基づいて、契約の無効を主張できます。
ワンクリックで契約されてしまっても無効ですから、支払いする必要はありませんので無視しましょう。

通信記録から個人を特定することは警察以外にはできません。

メールでの返信などをすると、アドレスが特定されて更に激化しますので、問い合わせなどはしないようにしましょう。

場合によっては、メールアドレスを変更したり、着信拒否するなどの対処もした方が良い場合があります。

ただし、万が一、実際に裁判所からの呼び出し等の連絡が来た場合には、これは無視しては駄目です。

裁判所の指示に従って異議申し立てをする等の対処することが必要となります。

自分で対処することは難しい場合は、法律のプロに相談するなりして必ず対処しましょう。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ