目的が違うなら、すぐに諦めろ!ポイントの浪費に注意

出会い系サイトを利用している異性によって、どんな目的で出会い系サイトを利用しているのかは違っているものです。

まず相手の目的を把握しよう

異性のプロフィールにどんな目的で出会い系サイトを利用しているのかが書かれているのであれば、プロフィールで判断をすることが出来るのですが、プロフィールに記載されていないということも多いです。
このような場合は、メールのやり取りをしながら、相手の目的を把握していく必要があります。
ただし、だらだらメールをしてしまっているとポイントがもったいないですから、ある程度打ち解けてきたらストレートに目的を聞くといいかもしれません。

目的が違ったら?

相手の目的と自分の目的が違うのであれば、その人と気が合ったり興味を持っていたとしてもすぐに諦めるべきです。
目的が違っているのですから、仮に出会いまでたどり着くことが出来たとしても、自分の目的を達成させられる可能性はとても低いです。
例えば、あなたが恋人作りが目的だとしても、相手は既婚者で割り切りが目的なのであれば、親しくなったとしても得られるものはありませんよね。
これでは、これまで使ってきたポイントが無駄になってしまいますから、お金の浪費にも繋がってしまいます。
このように目的が一致していないと、自分にとって良い出会いは見つからなくなってしまいます。
ですから、まず相手がどんな目的になっているのかを理解し、自分と同じ目的で出会い系を利用する人を見つけることがとても大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ