セフレサイトで業者は「個人情報」を狙っている!

kozinjoho
かつてよりも、自分の個人情報の量は格段に増えていると言っていいでしょう。
氏名、住所、電話番号、むかしはそんなもんだったでしょう。
悪用される、なんて可能性もほとんどありませんでした。
でも、今ではどうでしょうか。
サイトに登録すればIDとパスワードが個人情報になりますし、登録に使った情報も個人情報。
携帯電話やメールアドレス、パソコンの履歴やメールの内容まで、周囲は個人情報であふれています。
この個人情報が、ひとたび悪用する人間の手に渡ってしまったら…。
銀行口座は詐欺に使われてしまうかもしれませんし、メールアドレスにはスパムメールがたくさん来るでしょう。
クレジットカードはネットショップなどですぐに買い物ができてしまいます。
また、企業側も、個人情報の管理は死活問題です。
個人情報が漏洩しただけで、何億円という賠償金を支払う企業も数多く存在するのです。
だから、たとえば出会い系サイトやセフレサイトなどで、うっかりでも個人情報を漏らすようなことはないようにしたいものです。
なぜなら、個人情報を「狙っている」業者が存在するからです。
その目的は、単純にスパムメールを送りつけるためのものから、架空請求やワンクリック詐欺といった行為を働こうとするものまで様々です。
大切なのは、いくら女性が相手といっても安易に個人情報を教えない、そしてカンタンに聞いてくる女性を不審に思うこと。
もしそれが詐欺業者だったら、教えてしまった個人情報が多ければ多いほど、のちのち面倒なことになります。

法律に基づいた「見分けかた」を身につけよう

インターネットでのさまざまな取り引き上のトラブルが問題になって、現在ではそうした取り引きを安全に行うための法律が多く整備されています。

それは、モノを取り引きしない、インターネット上でサービスを提供するような業者にも適用されます。

出会い系サイトや、セフレサイトの運営者にも適用されるということです。

逆に言えば、そうした法律に反していることを早くから見抜ければ、ムダなお金や時間を使わなくても済むということです。

インターネット上の商取引に関しては、「特定商取引法」の範囲内になります。

出会い系サイトやセフレサイトでは、運営者情報の開示がいちばんわかりやすく、見分けやすい部分であるといっていいでしょう。

会社名、所在地、電話番号、代表者名など、基本的な情報を開示していなければなりません。

こうした情報が見つからなかったり、架空のものであるならば、そのサイトは怪しいと思っていいです。

たとえば、会員の多いようなサイトで女性に「こっちのサイトでやり取りしようよ!」と言われたとします。

安易に登録する前に、そのサイトの運営者情報を見てみましょう。

見つからなかったり、少しでも不審点があるようなサイトならば、その女性は残念ながらそのサイトの運営者側の人間です。

サクラと同じような「甘いメール」には注意せよ

サクラは自分のサイトに多くお金を落としてもらうために、業者は外部の自分のサイトに誘導するために。
それぞれ目的が違っても、女性会員だと偽ってユーザーをだまそうとしてくるわけですから、女性との出会いを求めるユーザーにとっては乗り越えなければならないカベに違いはありません。
逆に言えば、サクラも業者も女性会員を騙って、ユーザーにアプローチしてくるわけですから、その手口は似ています。
セフレサイトに登録する男性というのは、たいてい勢いがついています。
さらに、サイトのトップページにもエッチな写真がたくさん貼られていたりして、否が応でも気持ちが昂ぶります。
サクラや業者たちはそこを見ぬいて、いきなり初回のメールから「もう漏れちゃってるの…」といったエッチ系のメールを送ってくることが多いおです。
こうしたエッチ系のメールをいきなり送ってくる女性は、ほとんどがサクラが業者です。
おなじく、「とにかく寂しくて…会いたいの」と即会えるような雰囲気を出す女性も要注意です。
とにかく、男性が求めているようなウマイ話を提示してくる女性は、サクラや業者であることが多いのです。
本当はそんなふうにトントン拍子でうまくいけば楽なのですが、そんな「甘いメール」は100通に1通もないと思っていいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ