登録した覚えのない出会い系サイトから、少額訴訟を起こされて…

私は、アイドルが大好きでおっかけをしている二十四歳の会社員です。

イケメンが大好きで、年上でホスト系のイケメン男性にしか興味がありません。

出会い系サイトを利用しながらそういう男性を探していたのですが、なかなか見つからず、「こんな使い物にならないサイトならもういいや」と、登録してそのまま、一年間放置してしまいました。

無料の出会い系サイトだから、別にいいか、と思ってしまったのです。

しかし、登録してから一年経った時に、出会い系サイトの運営を名乗る人間からいきなり電話がかかってきました。

内容は「一年使った分の利用料金と、延滞損害金合わせて五十一万円を今すぐに指定口座に振り込んでください」というものでした。

なんでわたしがそんなの払わないといけないの?と思ったのですが、たしかに一年前にその出会い系サイトに登録していたため、まずいことをしたな、払わなきゃいけないのかな…と不安に思っていました。

結局無視を決め込むことしたのですが、電話はなかなか鳴り止まず、酷い時には一日に三回も四回も鳴っていました。

おかげで、毎晩職場に電話していたのに、業務連絡が取りづらくなってしまい本当に迷惑でした。

変な出会い系サイトには二度と手をださないようにしたいです。

見覚えのないサイトから少額訴訟を起こされて、大変な目に…

わたしは家電量販店に勤めている三十二歳の既婚者です。

出会い系サイトを使うようになってから六年が経ち、女性の攻略の仕方もだいぶ分かってきました。

最近は、優良サイトだけを選ぶようになり、サクラのいない出会い系サイトを満喫しています。

しかし、出会い系サイトにサクラがいることを知らなかった頃は、悪質サイトを開いても、そうとは知らずに利用してしまっていました。

変なサイトを利用した結果、実家に少額訴訟の通知書のようなものが届いたこともありました。

実家にはもちろん、わたしの両親や妻、息子がいるため、「これ何?」と、妻から開封済みの封筒を渡された時は、本当に心臓が止まるような思いをしました。

どうして自分の家にこんな通知が…と考えるよりも先に、浮気がバレたらどうしよう、という悪い予感が頭をかけめぐり、わたしはそれまで使っていた出会い系サイトをすべて退会してしまいました。

結局裁判は何事もなく終わりましたが、出会い系サイト禁止令が出てしまい、今は、妻に隠れてプリペイド携帯を契約し、そちらで出会い系サイトを隠れて使っています。

また前回のようなことがあるとさすがにまずいのですが、今回は個人情報をうかつに入力しないようにしていこうと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ