支払いをしないと、裁判を起こすと脅しかける手口

出会い系サイトからの請求は、電話やメール、書面など、さまざまな形で送られてきますが、中でももっとも注意しなければならないのが、封書できてしまった請求書です。

筆者も以前、書面の請求書を貰ったことがあったのですが、こういった書面の請求というのは実は、無視が通用しません。

メールや電話であれば無視も通じるのですが、書面の場合は「少額訴訟」を意味する書面が入っていることが多くなっています。

少額訴訟とはどういったものかと言うと、本当に少しの金額で起こせてしまう裁判のことであり、誰にでも起こすことのできる裁判です。

あなたがその裁判に応じなければそのまま敗訴となりますし、料金の支払いにも法的な義務が生じます。

つまり、「こんなの架空請求だから…」と無視すると、後でかなり面倒なことになるということなのです。

最近ではこういった少額訴訟の内容のものが増えているので、架空請求も中々あなどれなくなってきました。

もちろん住所を知られることがなければそういった書面のものが届くこともないのですが、中には、わざわざ名簿会社から住所を買い取って、少額訴訟をおこし、呼び出し書を送ってくる業者もあります。

くれぐれも、出会い系サイトに住所を知られないようにしましょう。

請求を無視し続けると裁判を起こしてくる手口

saiban
出会い系サイトは、様々な形で詐欺を横行してますが、大体のものは無視してしまえばそれで済んでしまいます。

しかし、メールで送られてくる架空請求のものと違い、一部、無視すると大変なことになってしまうような請求の仕方もあります。

たとえば、書面で送られてくる請求書の場合は、無視するとそのまま裁判にもっていかれてしまうことがあります。

「裁判なんて起こせるの?」とビックリされるかもしれませんが、実際、筆者もこういった書面の請求をもらって痛い目に遭ったことがありました。

もちろん筆者は何も知らなかったのでそのときは「メールみたいに、無視しておけばそれで済むだろう」と考えていました。

しかし、決してそれで済むといったことはなく、気づかぬうちに訴訟を無視してしまった上に、使った覚えのない利用料金を全額払うことになりました。

こんなに痛い出費はなかなかないと思うのですが、わたしはその裁判に負けて十万円もの金額を相手の悪質業者に払うことになりました。

書面の請求の場合は、そのまま少額訴訟に持っていかれる可能性があるので十分に注意しましょう。

また、万が一出会い系サイトから書面のものが届いてしまった場合は、消費者センターに駆けこんで助けて貰うことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ