ポイントを使わせようとして、話を長引かせよるのはサクラ

出会い系サイトで女性とメールのやり取りを頻繁にしているものの、なかなか関係が深まらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
利用している出会い系が従量課金なのであれば、お金を使わせようとしているメールレディを相手にしてしまっている可能性も疑っておいた方が良いかもしれません。

積極的にメールをしてくるのに会おうとしない

結構長いことメールをしていて、しかも女性のほうから積極的にメールをしてきているのに、会おうとしても話を変えてしまったりしているのであれば、業者の可能性は非常に高いです。
会うつもりがないから、話を不自然に切り替えたりしていると思っていいでしょう。
仮にメールレディではなかったとしても、この場合出会いに発展させるつもりが相手にはないと判断して、メールのやり取りをやめるべきです。

ドタキャンをしてくる

会う約束はしてくれたものの、ギリギリまでメールをしてきて、急にドタキャンをしてくるという場合や、ドタキャンをしてからも普通にメールをしてくるのであれば、こちらもポイントを使わせる目的のサクラと思っておきましょう。
このタイプのメールレディは従量課金制の出会い系にとても多いですから注意をしてください。

お金がなくなりそうになってからメールをしてくる

こちらのお金がもうそろそろなくなりそうなときに、急に積極的にメールをしてくる場合もサクラと思っておくべきでしょう。
追加で購入しようか迷っているときに限って、会えそうな雰囲気を醸し出してきて、メールをさせようと促してくるのも、メールレディの常套手段なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ