利用規約や特定商取引に基づく表記を確認

Q:登録した出会い系サイトが、後になって、利用規約や特定商取引に基づく表記がないサイトであると気付きました。
サイトを利用し、ポイントの購入をしてしまいましたが、解約した方が良いでしょうか?
また、支払いしたポイント購入料金は返してもらえるでしょうか?
A:出会い系サイトが有料である場合、利用規約や特定商取引に基づく表記があるかどうか必ず確認してから登録するようにしましょう。

有料であるにもかかわらず、利用規約や特定商取引に基づく表記がない出会い系サイトは、悪徳出会い系サイトですから登録は控えましょう。

利用規約や特定商取引に基づく表記がない有料出会い系サイトであることに気付かずに登録してしまった場合は、速やかに退会した方が良いでしょう。

ポイント購入し使用した場合には、使用分の返金はしてもらえないことが多いようです。

ただ、購入していないのにポイント購入したことになっていたり、悪徳出会い系サイトによっては、退会ができないようになっていたり、退会しようとして多額の違約金を要求されたりする場合もあります。

そうした場合には、早急に悪徳出会い系サイト専門の法律事務所などに対処方法を相談する方が良いでしょう。

利用料金の表示が

Q:利用料金の表示がちゃんとされていないサイトは悪徳出会い系ですか?
A:出会い系サイトの中には、完全無料の出会い系サイトも存在しており、その場合は利用料金の表示はありませんので、利用料金の表示が無いことをもって悪徳出会い系サイトと決めつけることはできません。

ただ、すべての出会い系サイトが悪徳というわけではありませんが、出会い系サイトの中には、多数の悪徳出会い系サイトがあることは事実です。

特に、有料サイトのはずなのに、利用料金の表示がきちんとなされていないような出会い系サイトは悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

そうした悪徳出会い系サイトにうっかり登録してしまうと、登録した途端に高額の登録料を請求されたり、退会がしにくかったり、退会しようとすると高額料金が請求されたり、違約金を払うように要求してくるケースもあります。

出会い系サイトの登録は安易にせず、登録の前には、利用料金や、利用規約、会社概要などしっかり確認するようにしましょう。

利用料金の記載が無い、利用規約がわかりずらい場所にある、利用規約の内容がわかりにくい、会社概要がみつからない、といった場合には悪徳業者である可能性が高いので、安易な登録は控えるようにしましょう。

文字化け解除料

Q:文字化け解除料やサーバーメンテナンス料を請求する出会い系のサイトは危ないですか?
A:悪徳出会い系サイトの中には、文字化けを解除することや、メンテナンスをするという名目で次々に請求し、多額の料金を取ることがあります。

文字化け解除料や、サーバーメンテナンス料を請求してくる出会い系サイトは、悪徳詐欺サイトである可能性が非常に高いです。

特に、悪徳出会い系サイトの場合、文字化けして解読できないのは相手のメールアドレス部分だけなのが特徴です。

女の子から教えられた肝心なメールアドレスが読めないので焦りますし、相手の女の子からはメールアドレスへのメールを催促されるため、その文字化け解除のために多額の料金をつぎ込むはめになります。

メールアドレスの文字化け解除料を請求される場合は詐欺のある可能性が高いので、速やかに対処する必要があります。

悪徳出会い系サイトでの被害は、利用してしまった自分が悪いと思いがちですし、恥ずかしくて家族や友達に相談することができず、泣き寝入りしてしまうことが多くなりがちです。

しかし、既に多額の料金を支払ってしまった場合は、恥ずかしがらず、できる限り早く、共に戦ってくれる法律の専門家に相談するようにしましょう。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ