詐欺サイトが多いセフレサイト

サクラやネカマが多いサイトの特徴は…

サクラは、自分のサイトに「なるべく多く課金してもらう」ために女性会員のふりをして活動する人たち。
ネカマは、男性なのに女性のふりをして、「愉快犯」や「サクラ」のような目的で、男性をたぶらかす人たち。
出会い系サイトやセフレサイトに挑もうとしている人なら、これくらいは常識ですね。
もし「知らなかった」というなら、そうしたサイトに挑むのにはまだ早いと思います。
さまざまなサイトで「悪質」なサイトの特徴を紹介していますから、そうした知識を頭に入れてからでも登録は遅くないと思います。
まず、詐欺の多い悪質なサイトの特徴は、いわゆる「男性受け」をする作りになっているということです。
トップページにエッチな写真がベタベタ貼ってあって、「即ヤリ」「飢えたオンナが」なんてキャッチコピーのあるサイトは、まずサクラばかりだといっていいでしょう。
入ると、きっとすぐに「早くエッチしたい」とか「ねぇ、いつ会えるの」みたいなメールがばんばん届くことでしょう。
でも、考えてみてください。
アナタが登録して、すぐにメールを送れるのは誰かというと、運営側の人間だけですよね。
つまりこれが「サクラ」であるというわけなのです。

架空請求などがあるサイトの手口

kakuseikyu
次に、「架空請求」があるサイトも、出会い系サイトやセフレサイトには存在します。
場合によっては、さきほど紹介したサクラたちも関わってくることがありますので、さまざまな手口に注意が必要です。
が、まず大前提として言っておくべきなのは、「架空請求には絶対に応じない」ということです。
そして、「慌てて自分の個人情報を請求主に与えることも、絶対にしない」ことが大事になります。
さて、架空請求とはどのように行なわれるのかを、見て行きましょう。
たとえばアナタが、出会い系サイトに入ったとします。
その時点で規約に同意し、無料のポイントをもらって女の子とのコミュニケーションを楽しんでいると、突然ポイントがマイナスになって、翌日、請求が来たりします。
あるいは、女の子や管理人が違うURLを案内してくる、たとえば「こっちに登録してくれたら、ワタシのアドレスを教えてあげるよ!」と言った感じ。
それに乗せられて登録すると、後日に請求書が届くといった感じです。
ただし、明確に「料金がかかる」という表示があって、それに同意していない限り、請求に応じることはありません。
ただ、個人情報を渡してしまっていると、電話がかかってきたり、カードで請求がきたりしますので、事前からそうしたところに注意しておく必要があるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ