サイト選びで注意すること

こんな「悪質サイト」もある!
気をつけていても、悪質なサイトにいきあたってしまうことは多々あります。
犬も歩けば…というわけではありませんが、それくらい、悪質なサイトは多く存在しているということです。
それを防ぐ「基本」は、やっぱり「利用規約」をしっかり読むこと。
悪質なサイトというのは、必ずといっていいほど「規約」をタテに、請求を行なってきます。
なぜかというと、「いったん同意した」「読まなかったほうが悪い」とアナタに思わせることで、支払ってもらえる確率を上げることができるからです。
たとえば、無料サイトで知り合った女性に誘導されて来たサイトの登録ページ。
利用規約はリンクが貼られていたが、読むのも面倒なので同意して登録したら…。
後日、メールボックスに「登録料」の名目で請求書が!
「利用規約どおり…」と書かれていたので、慌てて読みなおしてみたら、「登録の時点で、料金5万円を以下の口座に振り込みください」とある。
しかも「3日以内にお振込みがない場合、法的手段に…」といった脅し文句まで、といった悪質なサイトがたくさんあるのです。
もちろん、そんな請求に従う必要はありません。
電子消費者契約法などで、料金が発生する場合、事業者はかならず明白に料金がかかることを、ユーザーに伝えなければならないからです。
ただし、そんなサイトに引っかかるのも時間のムダですから、規約には目を通すべきだと思います。

まずは「信頼できる」サイト選びが大事

出会い系サイトやセフレサイトには、最近では本当に増えてきていると思います。
でも、そのせいで「何を選んだらいいか分からない!」という人も多いのではないでしょうか。
実際に、サクラやネカマが多く存在するような「トラップサイト」も多く存在します。
また、ワンクリック詐欺や架空請求などの温床となっている「ダミーサイト」のようなものもたくさん。
なにも情報のないままに登録して、コミュニケーションを取っていると、確実にサクラや詐欺師の餌食になってしまうことでしょう。
だから、まずは出会いたいのであれば、「信頼できるサイト」を選ぶことが非常に大切なのです。
では、何をもって「信頼できる」とするのかというと、まずは女性の会員が多くないことには始まりませんよね。
たとえば、女性が入ってきにくそうなサイトデザイン、つまりエッチな写真まみれのサイトや、作りが雑なところはNGだと思います。
女性だって、エッチはしたいと思いますが、男性ほど性欲むきだしで入ってくるわけではありません。
あとは、エッチなスパムメールなどから飛べるサイトは、たいがいが悪質なサイトです。
そんなふうに、サイトのつくりだけでも、割りと見分けることができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ