出会い系サイトから、請求書

Q:出会い系サイトから、請求書が自宅に届いたのですが、登録したり利用した覚えがありません。
支払いをしないと裁判にするといった内容が書かれていて怖いのですが、支払いしないといけませんか?
A:身に覚えのない出会い系サイトからの請求書であれば、架空請求ですから無視しましょう。

裁判にする等が書かれていても、実際に裁判書からの郵送物でない限り、無視です。

一種の振り込み詐欺ですから、面倒だったり、怖いからという理由などもあるでしょうが、決して、記載されている振り込み口座にお金を振り込んでは行けません。

また、問い合わせの電話や手紙なども厳禁です。

電話をしたり、手紙やメールを出すことで個人情報を手渡すことになりますので、絶対に駄目です。

証拠として出会い系サイトから来た請求書などの書面は保存しておくのが良いですが、内容は無視してください。

余りにも心配な場合には、消費者センターや警察に相談するようにしましょう。

架空請求詐欺でも無視してはいけないものとしては、希にですが、督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求もあります。

この場合は裁判所から本物の連絡が来ますので、法務省のサイトなどを参照し、決して無視せず対処してください。

海外アダルトサイトのリンクを…

Q:出会い系サイトを探しているうちに、海外アダルトサイトのリンクをクリックしてしまいました。
突然、登録されたことになっているようで、支払いのために、クレジットカード情報を入力する画面が出ていますが、どうしたら良いでしょう?
A:悪徳業者による運営の出会い系サイトの場合、ワンクリック詐欺のリンクや、有料サイトへの誘導や、同時登録といった被害が多くなります。

そして、海外アダルトサイトの中には、悪徳業者による運営が非常に多くあります。

海外サイトであっても、ワンクリック詐欺のリンクをクリックして、登録完了や購入完了、といった表示が画面に出て請求要求されている場合には、無効ですから、すぐに画面を閉じましょう。

決して、支払いしたり、退会の問い合わせをしてはいけません。

こちらから何らかの連絡をしない限り、ワンクリック詐欺の場合、悪徳業者は個人情報を知る方法はありませんので、その後、請求が来ることはありません。

くれぐれも、支払いをしたり、クレジットカード情報を入力したりしないように気をつけましょう。

また、海外アダルトサイトの悪徳業者の場合、魅力的なアダルトサイトを見つけて登録しようとしたら、いつの間にか誘導され、実際に登録したのは全く別のサイトだった、というトラブルもあるので要注意です。

クレジットカード決済で悪徳業者に

Q:悪徳業者だと気付かずに、出会い系でサクラに騙され、クレジットカード決済で多額の支払いをしてしまいました…。
お金を取り戻すことはできるでしょうか?
A:出会い系サイトでサクラによって多額の支払いを、クレジットカード決済でしてしまった人が、法律の専門家に依頼することで、多額の利用料金が全額返還された事例もあります。

多額の支払いをしてしまったり、サクラの被害に遭ったと気付いたら、泣き寝入りせずに、出会い系サイト専門の法律事務所などに相談しましょう。

出会い系専門の法律事務所の場合、無料の相談窓口が用意されていることが多く、まず電話やメールでどうしたら良いか訪ねることができます。

被害金を取り戻せなかったり費用が一切掛からない完全成功報酬制の法律事務所もありますから、悩む前に相談して、法律のプロに共に戦ってもらいましょう。

ポイント制の出会い系サイトの場合、サクラからのメールに踊らされ、会う約束をしてもドタキャンされたり、何度も約束の取り直しをさせられて、会えないままポイントばかりを消費させられることが多くあります。

会う約束をしてもドタキャンが続く場合、サクラの巧みな言葉に騙されている可能性が高いですし、悪徳業者による出会い系サイトの場合には、サクラとしかメールができないようなシステムの所もあります。

被害に気付いたら、早急にプロの法律家に相談することが大切です。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ