比較サイトを信用し過ぎてもダメ

比較サイトにも「サクラ」がいる!

比較サイトにも、特定のサイトを推すようなサイトがあったりしますよね。
もしくは、ランキングサイトのような体で、3位まで紹介されているものの、覗いてみると、そのサイトのつくりがいずれも似ていたり…。
そうした比較サイトは、体の良いそのサイト運営者の「ランディングページ」であることが多いです。
つまり、客観的な比較サイト、ランキングサイトであるかのように見せかけて、実は「サクラ」のようなものである、ということです。
自分のサイトをいかにも評判がよく、優良なサイトだと見せかけるために、そうしたサイトは手段を選びません。
なので、もし「よさそうだな」「出会えそう」と思っても、油断してはいけないと思います。
たとえばクチコミが多く、良いものがたくさんあっても、それが本当にユーザーの書きこんだものとは限りません。
ページビュー数の多くなさそうなサイトであればなおさらです。
ちょっとどうなのかな…と疑わしいときは、会社概要や利用規約、料金体系などをしっかりとチェックするといいでしょう。
悪質なサイトには、かならず何らかの「ワナ」が仕掛けられていますから、それを事前に見抜くことが大事なのです。

悪質な「比較サイト」の見分けかた

では、具体的にどんなサイトが「悪質な比較サイト」であるといえるのでしょうか。
基本的にどんなサイトにでも言えることですが、まずは更新頻度の低いサイトは、信頼性が低いといえるでしょう。
たとえばリンク切れになっているようなサイトがあるなど、もはや比較サイトとしての体をなさないと言っていいと思います。
なぜなら、情報というのは日々変化するものですし、ましてやインターネットの情報は、カンタンに更新が可能です。
そのために、古い情報のサイトですと、ナマの情報ではない可能性があります。
さらに、業界で有名なサイトを無視して、知らないような無名サイトばかりを並べているサイトも、客観的とは言えないでしょう。
そうした有名サイトと比べて「どこがいいのか」そして「どこが劣っているのか」を客観的に比較してこそ、優良な比較サイトといえるのではないでしょうか。
また、比較サイトを運営している主が、しっかりと書いてあるに越したことはありません。
それがしっかりした会社であれば、なおさら信頼性は高まります。
とはいえ、大事なのは紹介されている出会い系、セフレサイト「自体」。
その各サイトの規約などをしっかり見極めて、本当に信頼できる情報だけを利用するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ