少額訴訟を起こし、お金を搾り取る手口

出会い系サイトを利用していると、時として使ってもない料金の請求を受けることもあります。

そういったサイトはあきらかに悪質サイトなのですが、やり方を工夫することで相手から確実に料金を徴収できるようにしている傾向があるので、なかなか無視するだけでは収まりがつかなくなってきています。

たとえば最近の業者がよくおこなう手段の一つに「少額訴訟」と呼ばれるものがあるのですが、この少額訴訟は、無視してしまうと相手の思うつぼになってしまいます。

というのも、少額訴訟というのは、通知を無視するとそのまま「欠席」ということになり、そのまま敗訴になってしまうのです。

つまり、メールアドレスだけではなく住所も知られてしまったような場合は書面で少額訴訟についてのものが送られてくる可能性があり、そうなってしまうと非常に大変なことになるのです。

対処方法というのも、たとえばその届いた書面を消費者センターなどにもっていって相談するということくらいしかできないので、どちらにせよ時間は取られます。

最もオススメなのは、あらかじめネットのサイトに住所を教えないということです。

おかしな業者から書面のものが届いた時は、くれぐれも注意するようにしましょう。

少額訴訟にかけることで、請求分を取りにくる手口

出会い系サイトによる少額訴訟、というものを知っている人はもしかしたらまだ、それほど存在しないのかもしれません。

あまり訴訟というもの自体をよく知らない、という人も多いのではないかと思われますが、まず、少額訴訟というのは、千円ほどの金額で起こせる小さな裁判です。

実は一部の出会い系業者は、この少額訴訟をおこなうことで利用者から利益を巻き上げています。

出会い系サイトを利用してなかったとしても、無理矢理登録している状態にして架空請求をおこなってくるのがタチの悪いところなのですが、最近の業者はそれだけでは終わりません。

さらにそこに少額訴訟という手段を切ってくるので、利用者はますます追い込まれてしまうようになっているのです。

この少額訴訟という手段の悪辣なところは、「無視されやすい」というところにあるのですが、出会い系サイトから書面の請求書が届いても、利用者の多くは「メールみたいに、こういうものも無視すれば平気だろう」と開けもしない傾向が強いのです。

しかし、そのまま開けもせずに無視してしまえば敗訴になるので、どちらにせよ書面が届いた時点で、面倒事は覚悟しなければならないということになります。

業者から封筒やはがきが届いた場合は、無視せずまず中身を開いてみることをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ