ツンデレな対応がツボ!

現代ギャルたちがツンデレな理由

感情の起伏が激しいのは、そうしたアニメやドラマを観て育っているからなのでしょうか。
最近出会う女の子たちに、機嫌の良し悪しがはっきりしている子たちが増えているような気がするんです。
良く、今風に言えば「ツンデレ」ということになるのでしょうか。
でもあれって、大勢や知り合いの前では恥ずかしがってツンツンしていて、2人きりになるとデレデレしてくる、ってやつですよね。
私がいま付き合っている女の子は、街頭でもデレデレしてくることもあるし、2人きりのときもツンツンしていることもあります。
これ、ツンデレって言うのでしょうか?
でも、ギャップに萌える、っていうのはありますよね。
第一印象はそんなイメージじゃなかったのに、実際に話してみたり、過ごしてみたりすると、意外な一面が見えて、それが良い「意外」だったりすると「かわいい」ってなります。
ツンデレっていうのは、そのギャップの周期が短いということだと思っていて、絶えず油断ができないから、飽きないっていうところもあると思います。
彼女ですか?かわいいですよ。ツンツンしていた翌日に「ねぇ~~~」なんて猫なで声で甘えられたら、男性なんてイチコロなんじゃないですかね。
あ、でも、けっこう疲れますね、それは事実です。

付き合ったミコちゃんのせいで「ツンデレ中毒」に

最近はそんなような子が多いんでしょうね。
この間まで付き合っていたミコちゃんも、みごとなまでにツンデレ気質の強い女の子でした。
っと言うよりも、機嫌のいいときと、そうでないときがはっきりしていて、その差が激しいのです。
機嫌の良いときは、「ねぇねぇ~手ぇつなごうよ~」とか「ホテルに連れてって~」と甘えてきたりします。
そんなときはイチャイチャして、たくさんキスして、何回戦もエッチするくらい仲良しセフレなんですけど…。
いざ機嫌が悪いときになると、まず会話が短くなるんですよね。
今日どこ行く?って聞いても「どこでも」、何食べる?って聞いても「食べたくない」。
挙げ句の果てには「ねぇ、帰ってもいい?」とか言う始末です。
なんか悪いこと言っちゃったのかなぁ…と思うと、次に会ったときはケロッとデレデレモードになっているから、よくわかりません。
でも、そんなミコちゃんのツンデレな対応が、かなり私にはツボだったんです。
手放したくなかったんですが、このあいだ、ついに別れが来てしまいました…。
そのときはツンツンモードで一言「飽きたわ」。
ショック…しばらく立ち直れませんでしたが、仕方がないのでいまはツンデレカフェで心を満たしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ