いまだに蔓延する「美人局」に注意せよ

「男が妻や情婦にほかの男を誘惑させ、それを種に相手の男から金品をゆすりとる」

これが、美人局(つつもたせ)の辞書的な説明です。

出会い系サイトやセフレサイトの場合は、登録している女性が他の男性と結託していて、性行為などに及んだ後に脅してくる場合が多いのです。

美人局も最近では巧妙になってきていて、法律をタテに金品をゆすってくる場合が多い様子。

たとえばセフレサイトで出会った女性と、トントン拍子に仲良くなってしまい、ラブホテルでエッチまでしてしまった。

すると、行為の後に見知らぬ男性が乗り込んできて、「オレの妻に何をしているんだ!訴えてやる」と言われる。

さらに女性(妻)は、「この人が無理やりに…」と言って泣き、レイプされたと訴える。

こうした四面楚歌な状況が生み出されるわけです。

つまりここでは、「不貞行為」と、「性犯罪」という2つの罪をタテに、脅し・ゆすりをやってくるというわけです。

あまりにトントン拍子に話が進んだり、エッチまでがあまりにも早い場合は、ちょっと疑う必要がありそうです。

もし万が一、そうした被害にあってしまったときの予防線として、個人情報などの足がつく情報は絶対に与えないことです。

与えたが最後、中長期的にゆすられることになってしまいますから、そうした場合は警察に相談するしかありません。

悪質なセフレサイトからのメールにだまされるな

フリーアドレスなどを登録して少し経つと、本当に多くの迷惑メールが届くようになってしまうことがありますよね。
いったいどこから漏れているのか、と思うほどですが、出会い系サイトやセフレサイトなどから多くメールが届きますよね。
たとえばこんな感じのURLつきメール。
「リッチなセレブマダムが多数登録」
「逆援助でセックスパートナーを探しているので、お金をもらって入れ食い状態!」
「今後、弊社からのメールを受けとりたくない場合は、件名に受信拒否と入れて、下記のメールアドレスへ送信ください」
このメールには2つ、ワナが仕掛けられています。
1つめはURLですね。
クリックしたら、このメールアドレスの持ち主は「逆援助」に興味がある人として登録されて、より多くのスパムメールが送られてきます。
2つめは受信拒否のメールです。
これを返信すると、このサイトからの連絡がこなくなる代わりに、同じようなサイトからのメールが100単位で届くようになってしまいます。
返信も、URLのクリックと同じなんですね。
さらには、ちょっとセフレサイトを覗いただけで、身に覚えのない請求が堂々と届くこともあります。
個人情報を送っていない限り、そのようなものは完全無視、でOKです。

いきなり積極的な女性に注意せよ

知らない女性が目の前に現れて、いきなり「エッチしたいんですけど、ホテルに行ってもらっていいですか」と言われたら、アナタはラッキーと思いますか?
それとも、不審に思うでしょうか?
ちょっと極端な例かもしれませんが、出会い系サイトやセフレサイトでは、そうしたことが日常的に起こっているわけです。
さて、その女性は本当に利用者の女性なのでしょうか?
「突然のメールで、こんなことを言うのは本当に恥ずかしいのですが、私を抱いてくれませんんか?」
「いま彼氏に振られて、かなり飢えています…会ってエッチがしたいです…」
登録してすぐにこんなメールが届いたら…と思いますが、これはほとんどの場合「サクラ」であることばかりなのです。
こうしたサクラは、「もうちょっとでエッチできるかも」という男性心理をうまく突いたメールを次々に送ってきます。
だから、男性としては舞い上がってしまうのもムリはありませんし、もし「サクラじゃなかったら…もったいない」という気持ちが、やり取りをさせてしまうのかもしれません。
が、セフレサイトだからといって、女性の立場になったらそういったメールを送るでしょうか?
そう考えると、まずその可能性はないだろう、と言っていいでしょう。
もしそれでもチャレンジしたいというのであれば、直のメールアドレスをPCのものでもいいので、といって要求してみましょう。
本当にエッチしたいなら教えてくるはずですし(美人局の可能性はあります)、はぐらかしてサイト内での話をするなら、サクラだと思っていいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ