自分に適したセフレサイトの選び方

女性の「タイプ」でサイトを選ぶ

たとえば、ショッピングをするときでも、サイトを選ぶことがありますよね。
靴を買うときはAというサイト、本を買うときはBというサイトなどなど。
女性を商品やショッピングにたとえては大変失礼かもしれませんが、出会い系サイトやセフレサイトにも「どんな女性が集まりやすいか」という傾向のようなものがあるんです。
たとえば出会い系サイトでも、よりプレーンな感じのエロ色が弱いサイト、ありますよね。
色調はパステルカラーで、イラストもほのぼのとしていて、のんびり安心させる感じのサイト。
そうしたサイトには、比較的地味目で、それほどエッチにがつがつしていないような女の子が集まってきやすいです。
そんな女の子たちが読むような雑誌に、そのサイトの広告が載っていたらなおグッド。
エッチにまでは多少時間がかかるかもしれませんが、ハマったら化ける可能性ありです。
逆に、ピンク系の色を多く使っていて、広告塔にギャルタレントなんかを据えているようなサイトは、そうしたギャルたちが集まっているサイトだといえるでしょう。
すぐにエッチができる女の子がいる反面、援助交際などを求めてくる子もいると思われます。
サイトの特色で集まってくる女の子のタイプも違いますから、そうした観点でサイト選びをするのもいいでしょう。

「料金体系」もサイトの選び方には重要

サイトの特色以外に、大きな材料となるのが「料金体系」です。
大きく分ければ「無料サイト」と「有料サイト」がありますが、その中でも大きく違うところがあります。
たとえば無料サイトは、同時に同じ系列のサイトに自動登録されることがあります。
運営側としては、運営資金を稼がなければならないわけですから、なるべく広告収入の大きいサイトにしたいわけです。
広告収入を伸ばすには、会員数が多いのが一番ですから、手っ取り早く集客できる無料サイトに登録させるわけです。
また無料サイトは、その特性がゆえに、荒れていることが多いのも特徴です。
無料だと、確かに誰でも入れてしまうために、業者やネカマといった人たちもフリーで活動し放題というわけです。
手っ取り早く、出会い系を楽しみたい人は良いでしょうし、うまくやれば出会いもあるかもしれません。
それに対し有料サイトは、ポイント制と定額制の2種類があります。
サクラに注意すべきなのはポイント制サイトです。
ただ、定額制よりも若い子がポイント制に集まっている傾向にあって、ギャル専な人はポイント制サイトがいいかもしれません。
逆に、定額制サイトは、男性にある程度の質が保てている印象で、女性もそうした年齢層ちょっと高めな人たちが多いです。
自分の身の丈や、出会いたい人によって、使い分けるのがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ