自分のメールアドレスが

Q:自分のメールアドレスが売買されているみたいなんですが…
A:メールアドレスは、メールアドレス必須の掲示板などに書き込みをしたり、出会い系サイトや、懸賞サイトなどに登録することで、収集されて売買され、迷惑メールを送りつけられることがあります。

出会い系サイトに登録したら、別の有料サイトにも同時に登録されてしまったり、覚えのない請求メールが届いたりすることがあります。

悪徳業者の中には、メールアドレスを販売しているところもあるため、次から次へと迷惑メールが送られてくることになったりします。

また、悪徳出会い系サイトなどに登録してしまうと、メールアドレスを売買されるだけでなく、別の有利用サイトに勝手に登録されてしまうこともあるため、要注意です。

迷惑メールが大量に届けられ、自分のメールアドレスが売買されているらしい場合は、そのメールアドレスを破棄したり、メールアドレスを変更する必要もでてきます。

出会い系サイトや懸賞サイトなど無料系のサービスに登録する場合には、迷惑メール対策のため、プロバイダメールなどは使用せず、破棄することが可能なフリーメールを使用するなどして、自衛することは大切です。

出会い系サイトに登録した覚えがなくても、迷惑メールとして出会い系のメールがどんどん送られてくることもありますから、騙されて振込したりしないように気をつけましょう。

迷惑メールが増えて

Q:出会い系サイトに登録してから架空請求などの迷惑メールが増えて困っています。
A:出会い系サイトの中には、多かれ少なかれメールアドレスの横流しをしているサイトがあり、登録すると、架空請求や、サクラからのお誘いメールといった迷惑メールが大量に届くことは多いです。

更に、悪質な悪徳業者による運営のサイトも多く、登録と同時にワンクリック詐欺の請求要求画面や、登録完了画面がポップアップで表示されたりします。

また、フィッシング詐欺のリンクが仕込まれていることもあります。

出会い系サイトなどに登録する際には、必ず利用規約や会社概要を確認し、利用規約がないようなサイトや、利用規約があっても内容が良くわからない記述の場合には登録しないようにしましょう。

迷惑メール対策としては、出会い系サイトに登録すると、多かれ少なかれ、迷惑メールは来てしまうことは想定して、申込みメールとしては、フリーメールを使用しておくのが無難です。

万が一、悪徳業者による運営の出会い系サイトに登録してしまったことがわかったら、そのフリーメールを解除してしまえば迷惑メールに悩まされる心配もありません。

くれぐれもプロバイダーメールでは、出会い系に登録したりしないようにしましょう。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ