出会い系サイトと児童との出会い

出会い系サイトは人々の心の隙間を埋めるやくわりを果たす一方で、さまざまな犯罪の温床でもあります。

児童への援助交際はその最たるものでしょう。
知り合った相手が児童かどうか、少しでも怪しいと思ったら必ず年齢の確認が必要です。
後から分かった、では手遅れです。

一時期、知り合った相手が児童であったため、児童買春禁止法違反に問われ、警察につかまった、という新聞記事をよく目にしました。

相手が児童であることを認識していたなら、言い訳の余地もありません。しかし、見た目が明らかに児童である場合を除いて、相手の年齢を確認するのが難しくて、本人も相手が自動だと認識していないにもかかわらず、捕まってしまうような場合もあるのです。

問題の一端には、児童が出会い系サイトを利用して、援助交際の相手を探していることもあります。このため2003年から、いわゆる「出会い系サイト規制法」が施行され、法律によって自動の出会い系サイトの利用が規制されました。

この法律は、出会い系サイトの運営業者や、児童の保護者にも義務を負わせています。
それでも完全に防ぐことは難しいでしょう。

相手が年齢をごまかすこともあります。
いちいち確認するのも難しいですが、児童に関するトラブルに巻き込まれないためには、とにかく相手の年齢に注意するしかありません。

可能な限り相手の年齢を確認するようにして、少しでも疑わしい点があったら、決して会わないことが重要です。

児童との出会いは、知らなくても犯罪者ということです。
軽い気持ちでいても捕まってしまっては人生が変わってしまいます。
疑わしきは会うべからずということですね。

人は一人では寂しいものです。
常に出会いを求めているといってもいいでしょう。
しかしわざわざ出会い系サイトにアクセスしなくても

Mixiやツイッター、フェイスブックなどで気の合った仲間と親交を温めればいいのにと思います。

それでも出会い系サイトにこだわるのは、簡単に異性と付き合えると思っている人が案外多いということなのでしょう。
いくらこの手のサイトがたくさんあっても、出会ってすぐに会えるわけではありません。

そのあたりの根本的なところが間違っているような気がします。
出会い系サイトに対する考え方を改めたほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ