複数の出会い系サイトに自動登録させられてしまう手口

「会い系サイトを利用しているのだが、どうも登録した覚えのないサイトに個人情報が登録されている」…という場合、考えられるのは「同時登録」されてしまったパターンです。

同時登録というのは出会い系サイトの業界ではよくあるものなのですが、たとえば一つの出会い系サイトに登録すると、その情報がそのサイト以外の複数のサイトに流れてしまったりするのです。

そしてそのまま、不当な利用料金が発生したり、そのサイトから毎日大量のメールが届くようになったりするのです。

複数の出会い系サイトに登録されるだけで十分迷惑なのですが、最近の悪質出会い系サイトの多くは、詐欺をおこなう為だけにサイトを作り、平気でお金を騙し盗るようなスタイルになっています。

そのため、メールアドレス宛に来るメールのほとんどが架空請求だったりするので、登録した覚えのない出会い系サイトのメールはすぐに着信拒否にすることをオススメします。

また、自動登録する傾向のあるサイトは主に、無料の出会い系サイトや、無料の音楽配信サイト、無料のデコメサイトなどです。

上記のサイトは、登録したと同時に、複数のサイトに登録されてしまうことが多いので十分に注意する必要があります。

覚えておきましょう。

不特定多数の出会い系サイトに自動登録させる手口

「出会い系サイトから大量のメールが送られてくる…」「登録した覚えのない、まったく知らないサイトから料金を請求する内容のメールが届いてしまう…」といった場合は、出会い系サイトに自動登録されてしまった可能性があります。

大体の場合、出会い系サイトを利用する際には必ず、そのサイトに登録し、自分の情報を入力して初めて登録作業が完結するのですが、悪質な出会い系サイトの場合はそうもいきません。

たとえば、自分の登録したいサイトではなく、見たことも聞いたこともないようなサイトであっても、悪質サイトの場合は勝手にその人の情報を登録してしまいますし、酷い時には、その人に高額な請求をおこなっていたりもします。

良くないことには代わりはないですし、本来であれば警察が動き出しても良いような悪事なのですが、出会い系サイトを運営する業者は逃げるのが非常に早いので、なかなか逮捕できないという現状にあります。

また、そういった悪質業者からのメールを回避するには、メールアドレスを変えてしまうか、サイトのメールアドレスを徹底的に着信拒否するしかないので、なかなか大変です。

まず、自分のメールアドレスが業者の手に渡らないようにすること、それを注意しておくことが、出会い系サイトの被害に会わないための秘訣だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ