【2019年最新!】Facebookなしで使えるおすすめ出会系アプリ

snsなしで使えるマッチングアプリ

恋活や婚活にマッチングアプリを利用する人は大勢います。マッチングアプリを利用するときに多くの人に重視されるのが「安全性」。特に、会員の身元がはっきりしているかどうかはトラブルに巻き込まれないためにもしっかり確認しておく必要があります。

そこで、これまで選ばれてきた出会い系アプリが「Facebook認証型アプリ」でした。Facebookで一定数の友達がいるという確認が取れなければ、利用できないアプリがほとんどで、それが利用者の安心感につながっていました。

でも、時代の流れとともにFacebookの利用者は減っていきました。最近ではFacebookの認証が必要なことがネックとなり、アプリの利用をあきらめるという人もいます。Facebookの認証が手間だと感じる人や、プライバシー情報が詰まっているFacebookを出会い系アプリと連携させることに抵抗がある人が多く、「Facebook認証型出会い系アプリ」の需要は著しく減少しています。

そこで、求められているのが、Facebook認証なしで安全に利用できる出会い系アプリです。こちらでは、Facebook認証とは別の方法で本人確認を行い、利用者が安心して利用できる出会い系アプリについて紹介していきます。

Facebookなしで使える出会い系アプリ一覧

かつてはFacebook認証が利用するための必須条件だったアプリも、現在ではほとんどがFacebookなしで利用できるようになっています。どのアプリも、時代のニーズにこたえる形で変化しながら運営を続けているということですね。

安心して利用できる優良アプリを以前との比較と併せて見てみましょう。

Facebookなしで使えるアプリの一覧表

アプリ名 Facebook認証<過去> Facebook認証<現在>
ゼクシィ縁結び 不要 不要
ユーブライド 不要 不要
タップル誕生 不要 不要
Yahooパートナー 不要 不要
マッチドットコム 不要 不要
ワクワクメール 不要 不要
ハッピーメール 不要 不要
YYC 不要 不要
Tinder 必要 不要(2017年以前より)
Omiai 必要 不要(2018年4月より)
ペアーズ 必要 不要(2017年11月より)
With 必要 不要(2018年7月より)
ゼクシィ恋結び 必要 不要(2018年8月より)

以前はFacebookの認証が必要だったアプリが、認証が不要になったのは、ごく最近のことですが、どのアプリもFacebookの認証が不要になったことで会員数が増えています。利用者にとっても利用しやすく改変されているというわけです。

Facebook?電話番号?認証方法の違いは何?

アプリを利用するには、本人確認する必要があります。アプリによって認証方法に違いがあり、これまではFacebookで認証することで安全性を高めてきました。

Facebook認証の衰退に伴い、新しく導入された認証方法が電話番号認証です。Facebook認証型アプリが多かったころは、電話番号認証(SMS認証)の技術が未発達だったというのも、認証にFacebookが使われていた一つの理由です。現在は、電話番号認証の技術が広く使われ、それにアプリが対応したので、電話番号認証(SMS認証)が主流になっています。電話番号認証なら、携帯電話1 台につき、1アカウントしか作成することができないので、サクラや業者や詐欺、犯罪、営業目的の会員登録を防ぐことができます。

ただし、アプリによっては、認証方法が電話番号ではなくメールアドレスのところもあります。Facebook認証に代わる認証方法としては一番安心できるのは電話番号認証です。アプリに登録する際は、認証方法に注目して安全性の高いアプリを選ぶようにしましょう。

アカウント登録にFacebookでの連携が必要だった理由

これまで、アカウント登録をするのにFacebookの認証が必要だった理由は、安全性を高めるためです。

Facebookのアカウントからは、様々な情報が得られます。出会い系アプリに登録するためには、まず、18歳以上である必要があります。Facebookを見れば、年齢がわかりますから年齢確認にもFacebookは有効です。また、真面目な出会いの場として運営しているマッチングアプリでは、既婚者の利用を防いでいます。Facebookには、交際ステータスを選択できる項目があります。交際ステータスが「既婚」ではないことを登録の条件にしているアプリが多く、真面目に恋活・婚活をしている人だけが利用できるようにしています。さらに、Facebookで友達の数が10人以上いることをアプリ利用の条件にしているマッチングアプリも少なからずあります。友達がいるということで、Facebookの情報の信頼性が高くなるからです。Facebookは誰でも登録できるので、嘘の情報で架空の人物として登録することもできます。でも、架空の友達を10人作り上げるためには、アカウントを大量に作成する必要があります。そこまで手間をかけてFacebook認証を行い、架空の人物としてアプリを利用する人も中にはいるでしょうが、ほとんどの場合、友達の数が10人以上いれば実在する人物として友達から認識されているという証拠と考えられます。

このようにFacebookのアカウント情報から、その人がアプリを利用するのに問題ない人物かどうかをある程度チェックすることができるのです。

その証拠に、Facebookの認証が必須なアプリでは、サクラや業者が圧倒的に少なくなります。Facebookは複数のアカウントを持つことができるので、不正利用を100%防ぐことはできません。でも、不自然な動きや勧誘行為などをした場合、Facebookにアカウントを削除されます。マッチングアプリ業者からも、Facebook側からも監視されている中で不正をするのは難しいことです。ですから、Facebook認証を必要としない出会い系アプリより、サクラや業者が少なくなるのです。

しかし、Facebook認証だけでは、安全性が不十分なのも事実です。Facebookは、複数アカウントが作れるということ、実名で登録する必要がないこと、誰にでも友達申請が出せること、などから、プロフィールを偽って利用することができてしまいます。年齢や交際ステータスなどはもちろん、アプリの利用条件になる友達10人でさえ、なんとでも作り上げてしまえるのです。ですから、Facebook認証のアプリなら、安心と信じ切ってしまうのは危険です。

それに加えて、最近ではFacebookの利用者が激減しています。インスタグラムやツイッターなど、他のSNSが人気になり、Facebookは一時の勢いを失ってしまいました。そのような中、マッチングアプリを利用するためにはFacebookの認証が必要、といわれたら、Facebookを利用していない人にとっては、面倒に感じてしまうのは当然のことです。以前のように、Facebookを利用しているのが当たり前という風潮ではないので、Facebookのアカウントを持っていることがアプリの利用条件になることに納得できない人は多いでしょう。Facebookで認証する必要性が薄れているという背景から、Facebook認証型アプリの会員数は減っていきました。

そこで、新たに導入されたのが電話番号認証です。電話番号認証は、これまでのFacebook認証よりも手軽で、複数アカウントを持つことが難しいために安全性も高くなっています。Facebook離れが原因で会員数が減っていく一方だったマッチングアプリも、次々に認証方法を電話番号認証に変更しています。その結果、会員数を再び増やすことができたというアプリも多いです。

当時は、画期的だと思われていたFacebook認証ですが時代の流れとともに、一昔前の認証方法というイメージになりつつあります。

絶対に身バレしないオススメマッチングアプリ

出会い系アプリやマッチングアプリを利用していて、一番気になるのが身バレせずに利用できるかどうかだと思います。実名やプロフィール画像を登録するので、知り合いに見られてしまったらどうしようと不安になる人は多いでしょう。

特に、Facebook認証でアプリに登録すると、自分の友達に身バレしてしまうのではないかと心配になると思います。でもほとんどのFacebook認証型アプリには、「Facebookの友達同士は表示されない」という機能がついています。Facebookでつながりのある人には出会い系アプリを利用していることが知られないようにできる便利な機能です。ただし、相手がFacebook認証以外の方法でアプリを利用している場合は、たとえ自分のFacebookの友達であっても、この機能の対象にはなりません。

また、身バレ防止にはブロック機能という便利な機能もあります。マッチングの相手を探しているときに、もし知り合いを見つけたら、相手に見つかる前にブロックしてしまえば、相手に自分のプロフィールを見られる心配がなくなります。知り合いが自分を見つけるよりも先に、相手を見つけてブロックしなければならないので、知り合いがいたときの対処法にしかなりませんが、身バレ防止には効果のある機能です。

アプリを誰が利用しているかは、利用前にはわかりませんから、完璧に身バレを防ぐのは難しいことです。どうしても身バレしたくないという人は、実名ではなくニックネームで登録するとか、プロフィール写真を少しぼやかすなどの工夫をすると良いでしょう。

また、身バレ防止機能が充実しているアプリを選ぶのも身バレ防止対策には効果的です。身バレしたくない人におすすめのマッチングアプリを紹介します。

身バレしたくない人に絶対おすすめのマッチングアプリ

with(ウィズ)

「休憩モード」という身バレ防止の機能があります。「休憩モード」を使うと、マッチング済みの異性と、いいねを送ったり送られたりした異性以外には、自分のプロフィールが表示されなくなります。自分が選んだ相手にしか自分のプロフィールが表示されないので、確実に身バレを防ぐことができます。しかも、「休憩モード」は無料で利用できる機能です。身バレしたくない人の多くがwithを選んでいます。

ゼクシィ恋結び

大企業ゼクシィが運営しているマッチングサイトということで、安心感が大きいゼクシィ恋結びには、「透明リング」という身バレ防止に効果的な機能があります。「透明リング」の機能を使うと、

  • 検索で表示されなくなる
  • 足跡がつかなくなる
  • いいねした相手にだけ自分のプロフィールが表示される

などができるようになります。こっそりマッチング相手を探したいという人にはおすすめの機能です。この機能は、有料アイテムで、1,780円~2,220円です。コストはかかってしまいますが、一度購入すればいつでもいつまでも利用することができる機能です。なお、この機能はいつでも通常モードに切り替えることができます。

omiai

omiaiでは、プロフィールの公開設定をすることができます。「全ての会員へ非公開」という設定にすれば、マッチングした相手と、自分がいいねした相手にしか自分のプロフィールが表示されなくなります。プロフィールの公開設定は無料で利用できる機能なので、コストをかけずに身バレを防ぐことができます。

ペアーズ

ペアーズには、「プライベートモード」という通常モード以外のモードがあります。マッチングした相手と、自分がいいねをした相手だけに自分のプロフィールが表示されるモードです。それ以外の相手には足跡を残さずにプロフィールを見ることができるので、身バレが防止できます。ペアーズのプライベートモードは、1か月2,500円の月額料金がかかります。

youbride

本気で婚活している人が多く利用しているyoubrideは、プロフィール設定で身バレを防ぐことができます。プロフィールの公開設定が

  • 本人確認済みの会員にのみ公開
  • 有料会員にのみ公開
  • 非公開

から選べます。非公開の設定にしておけば、身バレは確実に防げるでしょう。公開条件の設定は有料会員しか利用できませんが、身バレせず安心して利用できるマッチングアプリの一つです。

タップル誕生

タップル誕生の有料アイテムの中には、「とうめいマント」というものがあります。「とうめいマント」を利用すれば、マッチングした人と、いいかもを送った人にしか、自分のプロフィールが表示されなくなります。「とうめいマント」は有料で、約960円相当のタップル誕生内のカード100枚と交換になります。コストはかかってしまいますが、身バレ防止には便利なアイテムです。

以上が身バレ防止機能が充実しているおすすめマッチングアプリです。どのアプリの機能も内容は似ていて、マッチングした人と自分がいいねをした人にしか自分のプロフィールが表示されなくなる、というものです。無料で利用できるアプリもあれば、有料の場合もあるので、チェックしてみてください。

まとめ

今までは、優良マッチングアプリのほとんどが、安全性や身バレ防止などの点からFacebook認証を採用していました。でも、Facebook利用者が減っていることや、それ以外の認証方法でも安全に利用することができるようになったので、現在では、電話番号認証のアプリが主流になりつつあります。Facebook認証しなくても、身バレ防止機能が充実しているアプリは多いので、様々なアプリを比較して、安心して利用できるアプリを見つけてください。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ