ギャルとのコミュニケーション

ギャルとのコミュニケーション まずはカベを取り払え

ギャルというと、彼女たちはその独特なコミュニケーションが注目されますよね。

いわゆる「ギャル語」というヤツです。

「盛る」「あげぽよ」など、ギャル語から生まれた流行語もたくさん存在します。

でも、ギャル同士ではそうしたコミュニケーションをとっていても、男性にまでそれを求めているわけではありません。

ただ、男性の中にはギャルの見た目や、その独特のコミュニケーションから、どう付き合ったらいいか分からない、という人もいるでしょう。

また、「ギャル」という言葉などから来るイメージがそうさせている部分もあるのかもしれません。

確かにファッションは派手で、どちらかと言うと攻撃的な印象を受けるでしょう。

さらにメディアが映すギャルのステレオタイプも「不潔」とか「尻軽」、「おバカ」、「礼儀知らず」といったイメージ。

そうした固定観念から、カンタンにエッチできそうなんだけど、でも敬遠している、という男性も多いかもしれません。

カンタンにエッチができるかどうかはともかく、仲良くなるのに「カベ」があったら、上手にコミュニケーションは取れないですよね。

ギャルは魅力的だけど、ちょっと苦手かも…という男性は、まずはその「カベ」を取り払う必要があるということなのです。

ギャルとの「カベ」できるのは「オタク」の構造とおなじ?

ギャルに心理的な「カベlができてしまう理由は、ギャルの特徴にあると思います。

派手な化粧やファッション、ともすれば「奇抜」とも言われかねない格好で、おまけにしゃべりも特徴的。

人間はその本能に近い心理的な部分で、自分の性質に近しい人と、そうでない人を区別します。

たいていの人は、ギャルを「そうでない人」のほうに区別するために、心理的な「カベ」ができてしまうのです。

たとえばそれは「オタク」の人たちにも言えることなのかもしれません。

メディアで報じられている「オタク」を想像すると、彼らも独自の世界観を持っていて、よりサブカルの「深み」にいる人たちだと言えます。

ゆえに、コミュニケーションの方法や知識の範囲、興味事やファッションなどで「そうでない人」に分類されてしまうことが多くなってしまっている状況でもあります。

そうしたステレオタイプに邪魔をされて、「ギャル」「オタク」に固定観念を持ってしまい、「コミュニケーションが難しい」「付き合いにくそう」といったイメージが、知らず知らずのうちに植えつけられてしまっていることもあるのです。

でも、多くの人がそのようなイメージを持っているからこそ仲良くなれる、という部分もあるのです。

ギャルとのコミュニケーション 「マイノリティ感」を利用する

多くの人が、ギャルを「ちょっと違う存在」だと思っています。

外見、コミュニケーションの仕方、感性など、彼女たちは独特のものを持っているからです。

「付き合いにくそう」「どうやってコミュニケーションを取っていいか分からない」と思う人も多いでしょう。

でも、そう思われている人からしたらどうでしょうか。

なんとなく「疎外されている」と思ってしまっても仕方ないでしょう。

だからギャルたちはギャルたち同士で、彼女たちの存在を守ろうとしているのではないでしょうか。

人間は、他人に「理解してほしい」とどこかで思っている生き物です。

自分の価値観の中で強がっていても、ほとんどの人がそのように思っているはずです。

でも彼女たちは自分を「マイノリティ」だと思っています。

理解してくれる人は少ない、でもそれは私たちの「個性」だから仕方がない、そう思っているのです。

だから、一見「理解してくれなさそう」な人・男性が理解してくれると、「この人、ちょっとステキかも」と思ってしまいます。

彼女たちの中で自然に作り上げられる「ギャップ」を「利用」するといったら変ですが、そうした点が、ギャルとコミュニケーションを取るポイントなのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ