セフレになりやすい女子の見極め方セフれの作り方最新情報

フリーターの女子は「セフレ」になりやすい

フリーターの女の子が増えているといいます。

最近では不景気で、正社員の職にありつけない人が多く、それによってフリーターになる女の子が増えているのです。

人の性格は時代がつくる、という面もあながち間違いではないかもしれません。

フリーターの女の子たちは、将来に不安を抱えながら、でも今が楽しければ…という思いで、不安をかき消しながら生きています。

もしくは、将来のことまで考えずに、その日暮らしで一日を過ごしているのかもしれません。

いずれにしても、彼女たちは「その日」こそが人生であって、将来のことなどは考える余裕がないか、考えたくもないことなのです。

そんな彼女たちにとって大事なのは、「オトコ」と「お金」と「暇つぶし」です。

たとえば、車を持っているかどうか、ご飯をおごってくれるかどうか、自分のヒマを満たしてくれるかどうか。

そんな尺度で、彼女たちは男性を見ているのです。

どうでしょう?そういう意味では、OLや女子大生と比べて、ハードルは低いかもしれません。

ただし、ムダに経験や目が超えている女の子も多いので、そのあたりは「なめない」ことが大事です。

侮っていると、痛い目にあうかもしれません。

カナは、そうした意味ではいいフリーターセフレでした。

どんどん求めてくる「フリーターセフレ」との体験談

カナちゃんは、20歳そこそこのフリーターでした。
出会い系サイトで、「出会いがほしいょ~」とつぶやいていたので、会ってみました。
高校を卒業して、就職活動をしたものの、うまくいかなくてフリーターをやっているそうです。
「将来はわかんないけど、とりあえずその日のお金を稼がなきゃいけないから…」
と言って、なんとなくさびしそうに笑いました。
ギャル系の外見をしていながら、そんなに華やかな感じもない子でした。
かわいそうなので、ちょっと良い感じのレストランに連れて行って、美味しい食事をご馳走してあげると、彼女は喜びました。
そのあと車を流してドライブをすると、目がトロンとしてきたので、流れでホテルへ。
いままで「車で」とか「ネットカフェで」というエッチの経験しかなかったようで、「こんなキレイなとこに泊めてくれるの!」と、それだけで感動。
安い女の子だなぁと思いながら、でもかわいらしいので、そのままエッチに持ち込みました。
外見に似合わず、ちょっと恥ずかしがりながらも、いい声で喘いでくれました。
そのあとも甘えてくるので、適当にメールを返しながら、たまに会ってはエッチをしています。

セフレにはなったものの…失敗体験記

世の中には、成功の数よりも失敗の数のほうが多いです。

人生を振り返ってみてもそうなのではないでしょうか。

ネットには成功体験記があふれていますが、これは、人間が失敗よりも成功を語りたがるからです。

自分の失敗したところや、失敗した話をひけらかしたい人というのは、少ないのでしょう。

でも、出会い系サイトでセフレをつくったという話ひとつ取っても、失敗体験のほうが多いのです。

なぜなら、出会い系サイトには、たくさんの「ワナ」が仕掛けられていますし、もしそれをかいくぐったとしても、女の子にも「いわくつき」の子が多かったりするからです。

出会い系サイトの「ワナ」といえば、ご存知のとおり「サクラ」や「ネカマ」ですよね。

彼ら、彼女らは、自分の出会い系サイトでなるべくお金を使わせようとします。

さらに、美人局やワンクリック詐欺、架空請求といったワナがあります。

でも、これらはパターンが決まっているので、それさえ見分けてしまえば、割と回避することができます。

問題は、せっかく出会いがあった女の子にトラブルがあったとき。

出会い系サイトで出会ったマミちゃんは、そんなちょっと精神的に不安定な女の子でした。

「どこまでも追ってくる…」「妊娠したかも!」 そんな「怖いセフレ」体験

出会い系サイトの中では普通でした。
「ワタシ?居酒屋で働いてるの」「楽しいよ~お酒も好きだし、うってつけのバイトって感じ」
そんな明るい子でしたから、ちょっと優しくしてあげたら、「いいよ!飲もう」と言って付いてきました。
最初はうまく行き過ぎかな、と思ったのですが、特にヘンなことは何事もなく、かわいらしく笑ういい子だなと思いました。
なので、ちょっと優しくして「かわいいね」「ほんとにいい子だね」と褒めていたら、すっかりいい気持ちになったみたいで、そのまま夜を過ごしました。
それほど経験はないような感じでしたが、自分から下にくわえ込んだりして、かわいらしい一面も。
しかも中はまだキツキツで、かなり入れごたえのある感じ。
ネコちゃんのような声で鳴いて、これはいいセフレを見つけたなと思いました。
が、それからが大変でした。
毎日のように会えないか、抱いてほしい、とメールしてくるようになって、挙げ句の果てには名刺かなんかを盗み見ていたらしく、職場の近くにまで来てしまう始末。
メールもだんだんと文言が変わってきて「やばい、死んじゃうかも」「あれから体調悪くて、妊娠しちゃったかも…」と怖いメールが。
安易に女の子に手を出すもんじゃない、と思いました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ