セフレとはそもそも何か?セフれ探しの場所は最新web.club/

今でこそこの単語も浸透してきて、それほどネガティブなイメージも持たれなくなりました。

セフレとはセックスフレンドの略で、セックスを楽しむだけのために交際している男女のことを指します。

関西ではそうした関係を持っている女性のことを「カキタレ」と呼ぶこともあり、英語では「ファックバディ」とよりダイレクトなスラングも存在します。

この関係は恋人でも配偶者でもありません。

かつては男性のみが性欲を満たし、女性はその関係を不安に思う存在である、というイメージもありました。

これは男性よりも女性のほうが、子どもができてしまうなど、セックスに対するリスクが大きいことも影響しています。

そのため、女性からすると忌み嫌われる関係だと思われるのですが、最近では享楽的な女性が増えていることもあって、そうしたイメージを持たない女性もいます。

中には、デートや旅行に行ったり、記念日を祝ったりすることもなく、会う目的はセックスのみ、という人間関係も存在するそう。

また、異性の友人の中で、セックス「も」する、という、行動の許容範囲の中にセックスがある、というような軽い関係もセックスフレンドと呼びます。

近年増加している「できちゃった結婚」も、こうした風潮が影響している部分もあるかもしれません。

セックスフレンドは、その道徳上、あまり良いとはいえません。

本来、セックスとは子孫を残すための本能的な行為であって、それは同時に男性にとっても女性にとっても、そうした意味をもつということです。

子孫を残すということは、その子どもに対して責任を持つということであり、またその義務があるということです。

そのため、セックスのみの関係であるセックスフレンドは、常に子どもができるというリスクを伴いながら関係している、とも言えるわけです。

もし子どもができてしまったら、中絶をする男女もいるでしょう。

ですが、そもそも中絶とは女性が望まない性行為によってできてしまった子どもをやむなく処分するものであって、快楽のために合意のうえで関係した上での妊娠を処理するものではありません。

ただし、最近では避妊技術が高まってきたこともあって、男女ともにそうした「リスク」は減っているとも言えます。

そのために、手軽にセックスを楽しむ男女が増え、その帰結としてセックスフレンドという関係が増えているとも言えるのかもしれません。

かつて江戸時代は、夫婦関係にないセックスは、「不義密通」と呼ばれるなど厳しい規則がありました。

そうした面も、道徳的にセックスフレンドが「良くない関係」とされる一面かもしれません。

人間の「関係」というものには、本当にさまざまな関係があります

いちばんオーソドックスなものとしては、友人、妻、親子、同僚、上司、部下、先生、生徒、といったところでしょうか。
そして、その人間関係のフェイズやカテゴリーによって、さまざまなコミュニケーションの取り方があります。
上司とは仕事だけの関係にしたい、とか、友人とはデートはしない、といったふうに、人間関係の種類で線引きをしている人もいるでしょう。
その関係性において、より親密になったということを示すのは、やはりセックスということになると思います。
ノーマルな人間関係であれば、セックスは恋人関係、あるいは夫婦関係でしかありえないものでした。
ですが、現在ではそうした人間関係でなくとも、セックスという行為が成立してしまうこともあります。
つまり、セックス「だけ」で成立している関係は、友人でもなく恋人でもなく、セックスフレンド、というわけです。
もしくは、友人であり、恋人ではないけれど、セックスまでOKであるという関係もセックスフレンドとなります。
中には、結婚していてもセックスの関係を他人と持ち続けている人もいるようです。
これは不倫関係ということになるのでしょうが、それだけセックスに対しての忌避感が薄くなっている証拠なのでしょうか。

セックスフレンドというのは、誰でもができるわけではありません

セックスだけの関係というのは、それだけリスクの高い関係でもあって、特に女性には忌避される関係でもあるわけです。
ただ、それでも女性に「セックスフレンドでもいいから付き合いたい」と思わせるだけの魅力が、男性の側にあるのであれば話は別ですよね。
もちろん、「お金がある男性」「イケメンの男性」は、それだけでもセックスフレンドになれる条件を一部満たしているといえるでしょう。
でも、もちろんそれで流されてしまう女性もいると思いますが、意外と、それだけで流されるわけではないのです。
セックスフレンドを作れる人というのは、いわゆる「八方美人」タイプで軽い人が多いです。
誰にでもすぐに「好き」「愛してる」と言うことができて、軽くセックスまで持っていくことができます。
そうすると女性も「まぁ、いいか」と思って、セックスまでたどり着いてしまう事が多いです。
女性側は「流されやすい人」が、セックスフレンドを作りやすい人であるといえるのです。
逆に作りにくい人はその逆、つまり男性も女性も性格は真面目で、特定の人にしか心を開かないような人。
ただし、恋人や結婚を前提に付き合うのであれば、そういった「セフレを作れない人」のほうが、関係が長く続きやすい傾向にあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ