最新情報セフれとの出会い体験談|セフれの作り方 だまされるな

セフれの作り方最新情報
10代の「盛ん」な子はセフレにしやすい。
若い女の子たちは、経験人数とかどんなプレイをしたかを競っている子たちもいるらしくて、ホントにバカでやりやすいですよ。
なんでそうなったかっていうと、やっぱり世間やメディアの影響が大きいんじゃないですかね。
セックスをするとオトナ、とか、セックスは気持ちよくなるためのもの、とか、麻薬みたいにちょっとの禁忌を犯している感と、実際の気持ちいい感じ、あとはセックスをしている私という優越感がそうさせるんじゃないですかね。
だからこの前も出会い系サイトで会った女の子をセフレにしちゃいましたよ。
最初は「こいつ中学生か?」と思うくらい幼い外見だったので、やばいと思ったのですが、身分証明書を見て19だったので一安心。
仲間うちで、いっぱいエッチしたら勝ち、みたいなことをやっているらしくて、ほんとにバカだなと思いながら適当にかわいいね、とか褒めてあげて、ホテルに直行。
かわいい声で鳴いてくれたので、目隠し&片手拘束のソフトSMプレイもしてあげました。
まだ未経験だったみたいで、相当あえいじゃって…。
19からこんなこと教えちゃって、やばいなと思いましたけど、どうせヤリまくるんだろうからいいだろと。
いまでもいいセフレとして働いてくれていますよ。

純粋セフレは本当にいる!

セックスフレンドなんて、都市伝説だと思っていました。
だって、女性にはなんのメリットもないじゃないですか。
子どもができてしまうリスクもあるし、もしできてしまっても父親になってくれるかどうか分からないし…。
理性的に考えたら、そんな関係ありえないと思いますし、実際にそう考えている女性も多いと思います。
が、いるんですね実際、そんな理性が吹っ飛んでしまっているような女性が。
掲示板かなんかで知り合った短大生の女の子は、いかにもエッチ経験豊富という感じで、会ったときからなんだらフェロモンをまきちらしてました。
食事も会話もそこそこに、ホテルに行くことになり、部屋に着いてドアを閉めたとたんにディープキスをしてきて。
下をちょっと触ったら、もうぐちょぐちょ。
本当に仕方がない女の子です。
なので、両手をタオルで縛り上げて、尻を叩きながらのエッチで罰を与えてあげました。
彼女はそれが効いたらしく「もっともっと!」と懇願してくるので、動きを止めたり、わざと抜いたりしてみました。
そうすると涙をためてお願いをするので、こっちももうたまらない、という感じで。
聞くと彼氏はいるらしいのですが、「またエッチして!」と、当分セフレの関係は終わりそうにありません。

見栄っ張りなオンナは「セフレ」にしやすい!

女性というのは、見栄っ張りで自分のステータスに異常に気を使います。
たとえば、クラスでは周囲よりも目立ちたい、男性に好かれたい、たくさんエッチをしたいなどなど…。
社会人になると、彼氏の年収がいくらか、どれだけ付き合った人数が多いかなどなど…。
結婚すると、子どもを良い学校に入れたがったり、良い会社に入れたがったり…。
ことほどさように、女性とはそういう生き物なのです。
で、あれば、その性質を利用してしまえばいいと思いませんか?
と、30を過ぎた私は気が付きました。
若いときよりもそこそこお金はありますし、余裕も出てきました。
全然イケメンではないですが、「年上と付き合いたい」「年上の余裕を体験してみたい」という女の子は絶対にいるはずです。
最初はそういう女の子を見つけるのに苦労しましたが、出会い系サイトにはたくさん若い女の子がいるんですね。
ちょっと良いレストランで、ちょっとオトナの会話をして、良いお酒を飲んだら、すぐにしなだれかかる女の子が何人もいましたよ。
別にとびきりセックスが上手なほうではないですけど、いまでも3人のセックスフレンドをキープしています。
とくにモテなかった20代をすごした私にとって、これはスゴイことだと思います。

人妻もセフレにできる!

昔よりも貞操観念が落ちてきたのでしょうか。
なんとなく今は、夫がいても恋愛は別、とか言うような人妻が増えてきている気がします。
なぜなんでしょうか…それはなんとなく、恋愛がステータスというか、ブランドみたいになってきているからかもしれません。
「恋愛してる私ってかっこいい!」とか「オトコを虜にできる私ってまだ魅力ある!」という感じ。
そういう観念をテレビや雑誌に刷り込まれているのかもしれません。
だから、結婚してもananとかグータンヌーボとか見ている人妻だったらセフレにできます!
私の数少ない経験談ですが、出会い系サイトなどで会うのは、子どもができてもちょっとオシャレをしている人妻が多いです。
もしくは、結婚して少し経っても子どもがいない人妻。
だんだん夫の愛情、もしくは夫への愛情が薄れるのか、話すのはそういったグチばかりです。
で、それを柔らかく聞いていると、お酒が進んできたりして、だんだんエッチなトークへ。
そこで夫の夜の営みに不満がでてきたらもう、いただきです!
もちろん1回だけの関係もありますが、人のオンナを寝取る、セフレにするというのは悪く無いですよ。
ただ、結婚をしたくなくなるのだけは確かですね。

連休の前になると、スケジュールが空いている女子が出会い系サイトにあふれます。

どうやら、休みの日なのに、自分の予定が空いていることに焦りを感じるようです。
「私って、人気ないんじゃないか」「モテないんじゃないか…」、なんだか、女の子特有の感じ方ですよね。
かつて、「便所飯」ってありましたよね。
ひとりで昼休みにお弁当を食べるのがイヤだから、トイレで食べるという…。
そんな心理に似ているのかもしれませんね。
話がそれてしまいました、セフレとの出会いの話でしたね。
それで、連休の前、だいたい1週間前くらいにいろいろと種をまいておくんです。
「次の連休ヒマ?会えない?すっごい良いレストランの席がひとつ余ってるんだよね…」みたいな感じで。
そうすると、エサに食いついた女の子が何人かメールをくれます。
もちろんサクラっぽい女の子もいるので、そういうのは無視して、なんとなく「ホンモノっぽい」女の子とだけメール。
寂しがってそうとか、なんか物欲しそうな女の子って、文面からわかりますよね?
そういう女の子を狙って、あとはレストランで良い気持ちにさせれば、たいていは夜もOKです。
「ちょうどヒマだったから…」なんてそんなノリでしょう。
連休だから、何回戦もできますし、ここ最近はセフレとずっとそんな楽しみ方です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ