セフレを作るためのコツを紹介!セフれ探し簡単最新2016.club/

いちばん大事なのは「勢い」
女性は基本的に「受け入れる」という構造でできています。
肉体的な構造もそうですよね、女性器は男性器を「受け入れる」という構造になっています。
だから物理的にも精神的にも「受け入れる」という形をつくってあげるほうが、彼女たちも楽なのです。
つまりどういうことかというと、いくらイケメンでも「待ち」の体勢では、セフレはできないということです。
お酒でもなんでも、勢いがついたらそれに任せて「押し」一手で行くのがコツ。
「こう思われたらどうしよう」とか「逃げられたら…」とか、後先を考えてはいけません。
とにかく「かわいいね」「きれいだね」「キミのそういうとこ好きだな」とか褒め殺しの一点張りでいきましょう。
本当に思っていなくても、クチからでまかせでOKです。
そうやって相手を気持ちよくさせてあげれば、「この人を受け入れてもいいかな」と思うはずです。
ちょっとMッ気の強い女の子だったら「もうお前は俺のオンナだ」とか断定的に自分のモノだとアピールするのもいいでしょう。
言霊、というのは本当にあるもので、言葉には力があります。
受け入れ体勢に入っている女の子がそういった言葉を聞くと、本当にそうだと錯覚してしまうことがよくあるので、これは有効です。
とにかく慎重にならずに、勢いがついたら一気に行きましょう。
一度関係ができたら、継続してセフレの関係も続く可能性が高いと思います。

「マメさ」と「余裕」 これがセフレ作りには大事

女性は基本的に「寂しがり屋」な生き物です。
少しほうっておくと、すぐに違った相手を見つけようとしてしまうかもしれません。
また、「疑り深い」のが女性でもあります。
「誰か他の女性と会っているんじゃないか」「本当は私のことを好きじゃないのではないか」
そんなことを延々と思っているのが、女性という生き物なのです。
だから、女性には「マメ」に話をしてあげることが本当に大切。
「どうした?」「きょうは寒かったね」「お腹すいたよ」とか、そんなもんで女性は安心するんです。
何がいちばん大事かというと「自分を思ってくれているかどうか」ということ。
そうすると、この人なら受け入れてもいいかな、というふうになるわけです。
あとは「余裕」も大事。
女性がよく「包容力」とか「温かさ」とか言いますよね。
それは男性の「余裕」なんです。
ガツガツしない、客観的に物事をみられる、心にのこる話ができるなどなど…。
お金も大事ですし、「お金がないと…」という女の子もたくさんいますが、それは十分条件であって絶対条件ではありません。
お金があれば、より「カンタンになる」というだけで、すべてが決まるわけではありません。
マメに、そして余裕を見せて、頑張ってみてください。

この人は「ステータスを上げてくれる!」と思わせられればセフレ

「見栄を張りたい」という気持ち、誰にでもありますよね。
女性は特にそういった傾向が強いです。
「アタシの彼は…」イケメン、お金持ち、なんでも買ってくれる、キムタクに似ている、色々あるでしょう。
とにかく「恋愛している」「友だちに自慢できる」そんな彼氏がほしいのです。
そうすると、「なんだ、イケメンとお金持ちしかセフレになれないんじゃん」と思うかもしれませんが、そうではありません。
あくまでイケメンとお金持ちは、ステータスを上げてくれるための「十分条件」でしかないのです。
もしくはそれが必要条件となっているのは、経験豊富な女性だけです。
そんな中古品もいいとこの女性、もう必要無いですよね。
若い、経験の少ない女の子なんてたくさんいます。
そういう子は、別にイケメンでも金持ちでなくてもいいんです。
たとえば「年上」、たとえば「既婚者」、そういうステータスに惹かれて、自分のステータスを上げられればいいんです。
「ワタシ、年上と付き合ってるの」「不倫…してるんだよね…」
そんなふうに言って、自分のことを「特別」だと思いたい女の子はたくさんいます。
もちろん「やさしく」「マメに」「褒めちぎる」のは大前提です。
女の子をいい気持ちにさせて、上手にセフレをゲットしちゃいましょう。

女の子のタイプによって「顔」を使い分けろ

一口に「女性」といっても、さまざまなタイプがあります。
端的にいうと、セフレになりやすいタイプと、なりにくいタイプがいるということです。
たとえば、見るからにモテそうな美女タイプ。
彼氏を持っている率は高いわけですが、そこであきらめてはいけません。
たとえば出会い系サイトにいる、合コンに来る、ナンパ待ちをしている、という状況なら、何かしら心に「スキマ」があるということ。
満たされているのに、そんなところには来ませんよね。
ケンカするのも面倒くさい、でも別れたら一人になっちゃうから別れたくない…。
そんな女心が「セフレ探し」に走らせてしまうことがあるのです。
こういう女の子には「遊び」「一度きり」を強調して話をすること。
彼氏とまた上手くいったらソレっきりの可能性もありますが、もし別れたりするようなら、次の彼の座も待っているかもしれません。
あとは「見た目地味なタイプ」。
でも本心は「ワタシもモテたい」「たくさんエッチしたい」と思っている女の子もいます。
基本的には奥手タイプですから、なんでもいいので褒めちぎってあげましょう。
褒められ慣れていない彼女たちは、「この人なら受け入れていいかも」と思って、エッチすることができるでしょう。
彼氏だと勘違いされることもありますが、セフレとして長続きしやすいのは「地味タイプ」ですね。

セフレ作り「マニュアル」「攻略法」とのつきあい方

なんにでも「攻略法」や「マニュアル」をつくることはできますよね。
でも「うさんくさい」「これに従ったところで確実にうまくいくわけではない」と思ってしまいます。
確かに、それは当然なのです。
この世の中に「確実」なものなんてありません。
あくまで「攻略法」や「マニュアル」は、ゲームなどストーリーの決まっているものでない限り、チャレンジするものを成功させる「確率を上げる」だけのことなんです。
ここを勘違いしている人が多いんですよね。
だから、マニュアルや攻略法を鵜呑みにして、そのまま使おうとする人は絶対に失敗します。
世の中には「セフレの作り方」とか「セフレの探し方」といったマニュアル本があるでしょう。
それをそのまま実行しても、セフレができるわけでは絶対にありません。
大事なのはそこからいかに「自分流」に「アレンジ」できるかどうか。
自分を「モテ体質」「恋愛体質」にしてはじめて、モテはじめるのではないでしょうか。
きっと、そんなことを学習しなくてもモテている人は、その才能がある人、あるいは学生時代に自然とそういうテクニックが身についた人なんでしょう。
でも、そうでない人(のほうが多いと思います!)は、モテている人を見て、もしくはそういう人が書いた本などを見て努力するしかないんです。
イケメンかどうかは関係なく、そうやって変われた人が「セフレ」を作れる人になれるのではと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ