出会系アプリで最も大切な初見メッセージ!メールの送り方・返信のコツについて

初見メッセージ


出会い系アプリで「マッチングはできるのに、返信がなかなかもらえない」とお困りの男性は多いと思います。返信をもらわないことには、気に入った女性と仲良くなることができません。出会える確率をアップさせるためには、相手が返信したくなるメッセージを送るコツをしっかり押さえておく必要があります。こちらでは、出会い系アプリで最も大切な初見メッセージの送り方をわかりやすく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

どういった内容なら相手に興味を持ってもらえるか

相手に興味を持ってもらえるメールとはどのようなメールでしょうか。いくつかの観点から見ていきましょう。

1、他の人のメールに埋もれない印象的なメール

出会い系アプリを利用している男性はたくさんいます。つまり、自分が気に入ってメッセージを送った女性は、他の男性からもメッセージをたくさんもらっているということです。女性会員は、毎日何十件も来ているメールの中から、印象に残ったメールに返信をします。「こんにちは」や「はじめまして」など、挨拶だけのメールでは、印象が残らず、他の人のメールに埋もれてしまう可能性があります。女性が、この人と話してみたい、どんな人なんだろう、と思えるような印象的なメールを送りましょう。可能であれば、顔文字を使うのもおすすめです。顔文字は、文字だけの文章より、気持ちが伝わりやすくなります。

2、テンプレートではない自分への好意を感じられるメール

女性は、自分だけを特別扱いしてくれる男性に惹かれます。出会い系アプリを利用している男性は、出会える確率をアップさせるために、複数の女性に同時にメッセージを送ることが多いと思います。でも、その時、全ての女性にテンプレートな文章を送っていては、相手の女性に興味を持ってもらえる確率は低くなります。まずは、女性の名前を呼ぶこと。1~2回はメールの中で女性の名前を呼びましょう。さらに、女性のプロフィールや、写真から、「自分も同じ趣味です!」や、「髪型が似合っていますね」など、その女性にしか伝わらない特別なメッセージを一言付け加えると効果的です。その際、外見をほめるのではなく、できるだけ内面をほめるようにしましょう。女性は、内面をほめられると相手からの真剣な好意を感じます。

3、長すぎず短すぎない読みやすいメール

初見メッセージは、長すぎず短すぎない読みやすさがとても大切です。挨拶だけの短いメールは、相手の印象に残らないので論外ですが、自分の熱い気持ちを伝えたくて、つい長文になってしまうのも要注意です。初対面の相手にいきなり熱く語られても、女性は引いてしまいます。長文を送るのは、仲良くなるまでとっておきましょう。相手への好意と、自己PRをバランスよく簡潔にまとめたメッセージを書くよう心がけてください。目安としては3行程度。4行以上の文章は、長いという印象を与えてしまうので気を付けましょう。

4、誠実さが伝わるメール

出会い系アプリを利用する女性は、信頼できる男性かどうかを常にチェックしています。出会いたいからといってお金をかけずに無料ポイントを利用して、いきなりLINEの交換を要求したり、出会ってすぐに会おうとしたりすると、女性は警戒してしまいます。女性が安心してやり取りできるようになるまでは、がっつきすぎないよう注意しましょう。また、初見メールでは、馴れ馴れしいタメ口は控えて、なるべく敬語を使うことをおすすめします。ただし、逆に敬語だと堅苦しく感じてしまう女性もいるので、女性のプロフィールなどからどのような話し方がベストなのかを推測して、女性によって話し方を変えるのが上級者のテクニックです。

5、自分と話したら楽しいと思ってもらえるメール

ライバルに差を付けて、選んでもらえるためには、自分とやり取りしたらどんなメリットがあるかを初見メールで相手に伝えておく必要があります。つまり、自己PRの部分です。相手との共通の趣味があれば、そこを広げていくのも良いでしょう。その他、「女性はお姫様扱いして思い切り可愛がりたいです」「寂しがり屋の女性が好きです」など自分が理想とする女性との付き合い方や、どんな女性が好きかを伝えるのもおすすめです。相手の女性が理想とする男性像にハマれば、興味を持ってもらえるかもしれません。
女性が想像しやすいように、自分の外見を芸能人に例えたり、髪型や背格好を伝えたりするのは効果的ですが、初見メッセージに書くのではなく、プロフィール欄に書いておくか、その後のやり取りで伝えていく方が良いでしょう。

6、返信したいと思わせるメール

女性に興味を持ってもらうためには、返信したいと思わせるメールを送る必要があります。そのためには、必ずメールの最後は、疑問形で終わらせましょう。最後に書く質問は、女性が返信しやすいような内容にすることを心がけてください。例えば、「休みの日は何してるの?」という質問だと、相手は答えを考えなければなりません。「休みの日は何をしてるの?家でごろごろしてることが多い?」などYESかNOで答えらえる内容の方が返信しやすいでしょう。ピンポイントで質問の答えを予想して受けを狙うのも上級者の技だといえます。

以上のことを踏まえて、相手に興味を持ってもらえるメールの作成方法についてまとめてみましょう。

マッチング完了後(最初に送るメール)の作成方法

・挨拶
「〇〇さん、こんにちは」「はじめまして」(簡単な顔文字を加えるのもおすすめ)

・なぜ、その女性に興味を持ったかの理由として、その女性ならではの魅力を伝える
「優しい雰囲気がタイプです」「音楽好きいいですね!ぜひ一緒に音楽トークしましょう!」

・軽い自己PR
「料理なら任せてください!(料理男子アピール)」「毎日暇なので構ってください~(マメに返信ができるアピール)」

・疑問形で終わる
「普段どんな服装なの?可愛い系かな?」「やり取りしやすい時間帯ってやっぱり夜ですか?」

上記の流れで初見メッセージを作ってみましょう。フランクになりすぎない、敬語よりの文章で、誠実さを伝えること、全体を3行程度にまとめることも頭に入れておきましょう。

・相手に好感が持たれるメールテクニック集
相手に興味を持ってもらえる初見メッセージの作り方の基本を紹介しましたが、その他にも女性に好感を持ってもらえるメールテクニックには色々なものがあります。初見メッセージから、実際に会うまでの流れで使えるメールテクニック集を見ていきましょう。

<好感を持ってもらえるメールテクニック集>

1、他の人との差別化をしっかりとする
他の人とは一味違う初見メッセージは女性にとても好評です。相手の写真やプロフィールをよく見て、趣味や住んでいる地域、仕事などについて質問したり、共通点を見つけたりして、好感を持ってもらえるメールを作りましょう。
例えば、

・「めっちゃタイプです!」「プロフィールが全てツボでした!」など、相手を全力でほめることで他の人との差別化をはかる
・「プロフィールに書いてあった〇〇が気になって夜も眠れません。なので返信ください!」「美しすぎて、オードリーヘップバーンの生まれ変わりかと思いました。」など、ウケ狙いを盛り込む

楽しい雰囲気を作れたり、面白いことを言えたりする男性は、一緒に話していて楽しいと思ってもらえるので、ウケ狙いを盛り込めば高得点をゲットできるかもしれません。

2、運命の出会いを演出する
女性は、運命の出会いに弱いです。相手との特別な共通点を見いだせたら、相性の良さだけでなく、運命的な出会いを感じる人もいるでしょう。女性のプロフィールから、共通点を見つけて、初見メッセージを送る男性は多いですが、ライバルに差を付けるためには、もっと大げさに共通点をアピールするのが効果的です。

例えば、
・スイーツ好きの女性に対して、「〇〇のお店に行ったことある?」と、具体例を出してスイーツ男子をアピールする
・相手の職業に対して、「妹も同じ職業なんですよ~」と親近感を表す。
・ロッククライミングが趣味の女性に対して、「最近始めたばかりでまだまだ初心者です。色々教えてください!」と共通の趣味をアピールする

この際の共通点は、多少嘘をついても構いません。ライバルより一歩踏み込んだ共通点をアピールすることが重要ですから嘘も方便。魅力的な初見メッセージを送りましょう。ただし、その後もやり取りが続いた時に、嘘がばれない程度の嘘に留めておくように注意することが大切です。

3、初見メッセージの返信は、素早くする
初見メッセージに返信があったら、返信はできるだけ素早くしましょう。女性は、日々たくさんの人からアプローチを受けています。自分に興味が向いているうちに返信できなければ、他の男性に興味が移ってしまいます。タイミングを逃さず、返信できるように常にスタンバイしておきましょう。メールの返信が遅くて、やり取りする気がなくなったという女性は意外と多いので注意してください。

4、メールの頻度は、相手に合わせる
初見メッセージ以降のメールの頻度は相手に合わせるのが良いでしょう。1日に何度もアプリを起動してメッセージを確認している女性もいれば、数日に1回しかアプリを開かない女性もいます。相手が気持ちよくやり取りできるペースを探って、相手に合わせた頻度でメールを送るのが理想です。たくさん話したいからといって連投するのも厳禁です。基本的には返信が来たら返信するというキャッチボール形式を守りましょう。しつこすぎず、相手を待たせすぎないペースで、やり取りを楽しみましょう。ただし、相手のペースに合わせるのがきつかったり、やりにくさを感じたりしたら、そもそも生活リズムが合わない可能性が高いので、スムーズなやり取りは期待できません。うまくいかないな、と感じたら、早めにターゲットを変更するのがおすすめです。

5、話が盛り上がっている時に返信を止める
相手の女性との会話が盛り上がってくると、お互いにやり取りを楽しめるようになります。楽しいからといって、ずっとメールを続けていると、やがて飽きがきてしまいます。もっと話したい、また話したい、という心理にさせるために、会話が盛り上がっている時に、いったん返信を止めてみましょう。いきなり、返信するのを止めてしまうと、相手の女性がやきもきしてしまうかもしれないので、返信を止める前には、「ちょっと出かけてくるね」などの理由を伝えておくようにしましょう。

6、 出会うまでのタイミングを見極める
出会い系アプリで、すぐに会おうとすると相手を警戒させてしまうので絶対にNGですが、だらだらとやり取りを続けていくのも、相手を飽きさせてしまったり、出会えない相手に時間とお金を使ったりしてしまうことになるのでよくありません。仲良くなって会話もある程度盛り上がってきたら、会う方向に話をつなげていきたいところです。
ナチュラルに会う方向に持っていくのにおすすめなのが、お酒や食べ物の話題です。初めて会う時は、ご飯やお茶、飲みに行くことがほとんどでしょうから、グルメを話題にすると、会う方向に持っていきやすくなります。
例えば、

・行きたいお店の情報を伝える
「〇〇ってお店がテレビで紹介されてて気になるんだよね。」「〇〇にある〇〇ってお店知ってる?よく行くんだけど、美味しいよ!」「ここのお店すごくおしゃれだよね。行ったことある?」

・食べ物の写真を送る
「このケーキ、美味しそうじゃない?」「こういうガッツリ系の料理好き!」「これ食べたことある?」

・好きなお酒について質問する
「どんな時にお酒飲むの?」「バーに行ったら、何注文する?」「焼酎が好きなんだね。どんな飲み方が好き?」

などグルメの話題を振って、相手の反応を見てみましょう。会うことに積極的な女性は、食いついてきてくれるはずです。

7、 連絡先の交換は、会うことが決まった時がスムーズ
LINEなどの直接の連絡手段の交換は、焦って行うより、会うことが決まった時にするとスムーズに行えます。女性は、いきなりLINEを聞かれるとどうしても警戒してしまうので、会う時に必要だという建前がなければなかなか教えてくれません。ただ、女性側も好意を持ってやり取りを続けていれば、男性に金銭的負担がかかることはわかっているので、出会う相手としてOKな場合はそれほど時間を引っ張らずに、連絡先交換に応じてくれることもあります。女性からの好意を確信できた時が、デートの約束と、連絡先の交換のベストタイミングです。

このように、初見メールを送ってから、デートの約束をするまでに有効なメールテクニックはたくさんあります。ぜひ実践してみてください。

・まとめ
いかがでしたか?出会系アプリで出会える確率をアップさせるためには、初見メッセージが大事なカギになります。女性から「返信したい」と思えるメッセージを送くるよう心がけましょう。また、初見メッセージに返信をもらえても、そこで安心してはいけません。その後、楽しいやり取りで女性に好感を持ってもらえるように、様々なメールテクニックを駆使しましょう。アプリ登録時にもらえることの多い無料ポイント内で、会う約束まで持っていきたいと考える男性もいるかもしれませんが、焦りは禁物です。だらだらとやり取りを続ける必要はありませんが、じっくりと誠実さを伝えていくのは大切なことです。今回紹介した効果的なメールの書き方や、メールアプローチの方法を参考に、出会い系アプリでの出会いを楽しんでください。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ