ペアーズでブロックされるとどう表示される?確認することはできる?

女性に拒否されている男性

ペアーズを利用していると、やり取りしている相手に急にメッセージが送れなくなってしまうことがあります。なんとか連絡しようとして相手のプロフィールを確認すると、以前のようには表示されず、相手が退会してしまったかのような状態になっていて、どうしたら良いか分からなくなってしまった。そのような経験のある方は、やり取りの相手にブロックされている可能性があります。
こちらでは、ペアーズでブロックされると、ブロックされた側は、どのような表示になるのか、ブロックされたかどうかを確認することはできるのか、などについて紹介していきます。

メッセージが送れない?ブロックされるとどうなる?

ペアーズにはブロックという機能があります。不快な思いをして、これ以上やり取りを続けたくない相手や、身の危険を感じて自分のページへのアクセスを禁止したい相手に対して使える機能です。ペアーズで、ブロックされると、その相手にはメッセージを送ることができなくなります。また、相手のプロフィールは表示されず、「退会済み」という表示になります。さらには、メッセージだけでなく検索結果や足跡からも、相手が消えてしまいます。
やり取りをしている相手に突然メッセージが送れなくなったら、ブロックされている可能性があります。ブロックされるとメッセージが送れないだけでなく、相手のページにアクセスすることもできなくなります。足跡の履歴や、メッセージの履歴も消去されるので、これまでのやり取りを見返すこともできません。
ブロックされた方も、した方も、お互いにやり取りをすることができなくなるので、お互いにペアーズ上に存在していないような状態になります。

ブロックの確認はできる?

ペアーズではやり取りしていた相手にブロックされると、やり取りの相手が退会したような状態になります。

どちらも、

  • メッセージが送れない
  • メッセージが非表示になる
  • 足跡や検索機能からも相手が消える
  • 相手のアカウントが「退会済み」と表示される

という状態になります。

やり取りしていた相手に突然メッセージが送れなくなったとき、相手が退会したのか、ブロックされたのかどちらか知りたいと思う人もいるでしょう。でも、残念ながら、ブロックしているか退会しているかを見分ける方法はありません。

以前は、退会したユーザーは「退会者を表示する」という機能で、検索することができました。つまり、その機能で、退会者のリストの中に出てこなけれは、自分がブロックされたということを知ることができたのです。でも、現在ではその部分の仕様が変更されて、ブロックされている相手には退会者として表示されるようになっています。ブロック機能による無駄なトラブルを避けるためなのかもしれませんが、ブロックされたかどうかを知ることができないので、やきもきしてしまう人もいるようです。

どうしても、ブロックされたかどうか知りたい場合は、同じくペアーズに登録している友人などに頼んで、別のアカウントからブロックされたかもしれない相手を検索してもらうという方法があります。別アカウントから検索すれば、相手が退会していない場合、通常通り表示されるので、ブロックされたことが分かります。

でも、ブロックされたかどうかを確認することができたとしても、ブロックされた相手と連絡をとることはできません。メッセージが送れなくなってしまったら、それ以上は追求せずに別の相手とのマッチングに気持ちを切り替えることをおすすめします。そして、次はブロックされることのないように、相手が不快になるような言動を避けて、気持ちよくやり取りができるように努めましょう。

ブロックと非表示はどう違う?解除は可能?

ブロックと似たような機能に、「非表示」というものがあります。どちらも、これ以上やり取りを続けたくない相手に使用する機能ですが、その機能はブロックとは大きな違いがあります。

ブロックは、相手と自分どちらのアカウントからも存在が消え、やり取りすることができなくなります。当然、ブロックされた相手も、メッセージ交換などのやり取りができなくなり、アカウント、検索機能、足跡に表示されなくなります。ブロック機能を使う前と後では相手側にも大きな変化があります。

一方非表示は、ブロックとは違い、相手のアカウントや検索機能、足跡、メッセージが表示されなくなるのは自分だけで、非表示機能を使っている相手にはこれまでと同じように表示されますし、メッセージを送ることもできます。つまり、今までと同じように表示されるので、非表示の機能を使われていることには気づけないということです。

ライン確認

また、ブロックと非表示にはもう一つ大きな違いがあります。それは、解除可能か不可能かという違いです。ブロック機能は、一度利用すると、二度とブロックした相手とやり取りすることができなくなります。解除不可能ということです。一方、非表示は、いつでも解除可能で、非表示にしていたけれど、もう一度やり取りしてみたいと思ったらやり取りを復活させることができます。相手からしてみれば、非表示機能を使っている間も、それを解除したことも知る由がないわけですから、何のわだかまりもなくやり取りを再開することが可能です。

ブロックと非表示は、相手とのやり取りをこれ以上続ける意思がない場合に使う機能ですが、相手を傷つけずに、連絡を絶ちたいという場合は、非表示を利用するのがおすすめです。また、ブロックは解除できますが、非表示は解除可能なので、今は連絡を絶ちたいけれど、もしかしたら今後やり取りを再会したくなるかもしれない、という迷いがある相手に対しては、ブロックではなく非表示にしておいた方が良いかもしれません。

ただし、不快な思いをさせられた相手や、もう二度とやり取りをしたくないという相手に対しては、ブロック機能を使うのが良いでしょう。迷惑だと思っている相手には、自分のプロフィール情報やログイン情報は見せない方が無難です。

ブロックも非表示も、相手をシャットアウトする機能ですから、自分も相手もお互いに気持ちよく利用できるように、乱用はしないようにしましょう。ブロックと非表示を上手に使ってペアーズでのマッチングを楽しみましょう。

ペアーズでブロックを受けやすい行動一覧

ペアーズで相手からブロックされると、相手が突然「退会済み」になります。本当に退会したのか、ブロックされたのか確認する方法はありませんが、自分が相手とのやり取りの中でどのような言動をしていたかを見返すことで、「ブロックされたかもしれない理由」が見つかるかもしれません。ペアーズでブロックを受けやすい行動にはどのようなものがあるのでしょうか。

しつこい足跡

ペアーズには足跡機能があります。相手のページにアクセスしたら、足跡が付くようになっています。マッチングする前や、メッセージ交換をする前に、相手に興味を持っていることを伝える手段となるので、気になる相手にはたくさん足跡を残してアプローチしている人は少なくありません。でも、何度も足跡をしつこく繰り返して付ける行為は、相手に恐怖感を与えてしまう可能性があります。特に、女性は、興味のない男性からのしつこい足跡には抵抗感を持つ人が多いです。しつこい足跡が不快で、その相手をブロックする女性は多いので気を付けましょう。足跡は、気になっているということを伝えるための便利な機能ですが時には逆効果になるということを覚えておいてください。足跡を残さずに相手のプロフィールをチェックしたいという場合は、足跡を残さない設定に変えることもできます。色々な機能、設定をうまく使ってブロックされずに気になる相手との距離を縮めていきましょう。

マッチング後すぐに連絡先を交換したがったり、会いたがったりする

男性会員はペアーズを利用するのに月額料金がかかるということもあって、なるべくはやくアプリではなくLINEなどの連絡先を聞きたいと思う人は多いでしょう。マッチング後すぐに連絡先の交換をしたがったり、デートのお誘いをしたりする行為は、真剣な出会いを求めている女性からすると、「からだ目的なんじゃないか」と感じられます。女性は、実際に会うまでに、ゆっくり信頼関係を築いていきたいと考えている人が多いので、自分の欲求ばかりを前に出す不躾なメッセージは、不快感を与えてしまいます。そのような行為は即ブロックされてしまう可能性がありますから、思い当たるようなことをしている人は直ちに辞めましょう。マッチング後は、女性に安心感を与えられるようなメッセージのやり取りを心がけるのが良いでしょう。

結婚願望の高い女性に対してのんびりとやり取りをしていた

ペアーズは恋活、婚活アプリなので、結婚願望の高い女性も多く登録しています。ペアーズのプロフィールには、「結婚に対する意思」という項目があり、「すぐにでもしたい」を選択している女性も多くいます。とにかく早く相手を見つけて婚活を成功させたいという相手に対して、のんびりメッセージのやり取りをしていると、しびれを切らして、別の人にターゲットを変更されてしまう可能性があります。「この人はすぐに結婚してくれなさそう」と判断された瞬間、ブロックされてしまうこともあるでしょう。結婚願望にずれがある相手とのやり取りはうまくいかないケースが多いです。相手の「結婚に対する意思」の項目をしっかりチェックしてからやり取りを進めていくことをおすすめします。

ブロックの理由は人それぞれで、中には「プロフィール写真が気に入らなかった」「マッチング後のメッセージ交換で恋愛対象外と判断した」など、簡単な理由でブロックする人もいます。ブロックされたかもしれないと感じたら、自分の言動に良くない点があったかどうか顧みることは大切ですが、あまり気にしすぎてもよくありません。やり取りができなくなってしまった相手に対しては縁がなかったのだと諦めて、他の相手との出会いに力を注ぎましょう。

まとめ

ペアーズのブロック機能は、相手とのやり取りが一切できなくなり、「退会済み」という表示になります。今までやり取りをしていた相手との連絡が突然遮断されると、良い気はしないですし、未練が残ってしまうこともあるかもしれません。なぜブロックされたか理由を知りたくてやきもきしてしまうこともあるでしょう。でも、ブロックされてしまうと、二度とやり取りを復活させることはできません。気持ちを切り替えて新しい出会いに向けて行動するのが得策です。
ただし、ブロックされることが何度も続く場合は、相手側の好みや都合だけでなく自分にもブロックされる原因が少なからずあると考えられます。相手を不快にさせるような言動をしていないかを顧みて、ブロックされないようなやり取りができるように心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ