ペアーズの年齢確認は免許証を出しても大丈夫?安心してできるやり方について

スキミングの危険性

ペアーズに限らず、マッチングアプリや出会い系サイト・アプリでは、年齢確認を行うのが基本になっています。優良なアプリ・サイトは、年齢確認をしなければメッセージの交換などのやり取りができません。ペアーズの利用を考えている人の中には、年齢確認がなぜ必要なのか分からず面倒に感じている人や、個人情報を送ることに抵抗があるという人もいるでしょう。でも、年齢確認は実はとっても大切なものなのです。
こちらでは、マッチング・出会い系アプリにおける年齢確認の必要性と、安心して情報提供できる方法について詳しく紹介していきます。トラブルに巻き込まれないためにも、しっかりと年齢確認を行いましょう。

出会い系は年齢確認が重要!

マッチングアプリや、出会い系アプリなど「出会い系」と呼ばれる全てのサイト・アプリでは、年齢確認が必要不可欠です。なぜなら、18歳未満の児童が登録できないようにするために、年齢確認を行うことを法律で定めているからです。

「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」通称「出会い系サイト規制法」では、

  • 18歳未満の児童が出会い系サイトを利用すること
  • 18歳未満の児童と出会おうとすること

が禁止されています。また、運営側も会員が18歳未満ではないことを確認することが義務付けられています。そのため、年齢確認ができていない会員はメッセージが送れないようになっているのです。

18歳以上であることが確認できた人しかサイト・アプリは利用できないので、年齢確認をされる側にとっては少し手間にはなりますが、逆にいうと18歳未満の児童と出会ってしまうというトラブルから自分を守る手段になっているということです。

実際、年齢確認をきちんと行っていない出会い系サイト・アプリでは、年齢を隠して利用している18歳未満の人も多くいるため、知らぬ間に18歳未満の児童と出会ってしまう危険性があります。18歳未満の人とやり取りすると法律違反として罪に問われてしまうので、年齢確認を行っていない出会い系サイト・アプリを利用するのはとても危険です。年齢確認を行っていない出会い系サイト・アプリは、合法になるような表向きの理由で運営していますが、基本的には違法です。利用しないのが正解といえるでしょう。

また、出会い系サイト・アプリにおける年齢確認の必要は十分に理解した上で、情報漏洩が心配だという人もいると思います。個人情報を提出するわけですから不安に思うのは当然のことかもしれません。でも、年齢確認をきちんと行って運営している優良業者は、年齢確認のために提出された個人情報の管理は厳格に行っているので、安全性は確かです。通常どんなサイト・アプリでも、プライバシーポリシーに個人情報の安全管理についての記載があります。優良出会い系サイト・アプリを利用して、個人情報が洩れたなどのトラブルや被害報告はこれまであったことがないので、安心して良いでしょう。むしろ、年齢確認を行わないサイトの方が危険だということをよく知っておいてください。

年齢確認するのに必要な証明書は?免許書やクレジットカードで大丈夫?

ペアーズで年齢確認を行う方法は、2通りあります。

  1. 証明書写真で確認
  2. クレジットカードで確認

です。

クレジットカードで確認する場合は、実際に100円の支払いをして、クレジット情報から年齢確認をします。100円のコストがかかりますが、証明書写真を送る方法よりも手間がかかりません。

証明書写真で年齢確認をする場合は、どのような証明書が有効なのでしょうか。認められない証明書と併せて紹介します。

ペアーズの年齢確認に必要な証明書

  • 運転免許所
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

その他、学生証や社員証、障害者手帳などの公的証明書でも、年齢確認をすることができます。自分が持っている公的証明書で、年齢確認が可能かどうか判断できない場合は、ペアーズのカスタマーサポートに問い合わせれば教えてくれます。

ペアーズの年齢確認書類として認められない書類

  • マイナンバー通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 仮免許証
  • 国外で発行された証明書
  • 有効期限切れの証明書

公的証明書でも、年齢確認書類として認められないものもあります。上記のものは良く提出される「年齢確認書類として認められない書類」の代表例なので、他にも認められない書類はあります。年齢確認の提出書類に迷ったら、カスタマーサポートに問い合わせるのが確実です。

また、ペアーズでは、年齢確認書類を写真にとって送ることで、年齢確認を行うのですが、年齢確認書類として認められる書類の写真を送っても、きちんと撮影されていなければ年齢確認ができず再提出させられるので気を付けましょう。

再提出させられる写真

  • 画像が見切れている
  • 一部が隠されている
  • 不鮮明で読み取れない

証明書全体がはっきりと見える写真でなければ無効になってしまうので要注意です。例えば、運転免許証で顔写真を見られたくないので、顔写真部分を外して撮影したり、年齢確認に必要のない住所の部分を塗りつぶして撮影したりしたものは、無効です。以前は、写真や住所を塗りつぶしての提出でも認められていましたが、2018年7月以降は、年齢確認が厳しくなり、証明書全体がしっかり写っている写真でないと不可になりました。再提出させられないように、写真を撮る時は注意してください。ただし、どうしても顔写真を送りたくない、という人は運転免許証やパスポートではなく、健康保険証などの顔写真なしの公的書類を年齢確認書類に使用することもできるので、顔写真なしの書類を提出しましょう。

ペアーズの年齢確認の手順を紹介

ペアーズでの年齢確認の手順を紹介します。

  1. ペアーズに入会する。
  2. 年齢確認の方法を「証明証写真で確認」または「クレジットカードで確認」どちらかを選ぶ。
  3. 写真を送付または、クレジットカード決済を行う

ペアーズの年齢確認はスタッフが1件ずつ手作業で行っています。通常は1時間以内に年齢確認は終了しますが、深夜など送付した時間帯や、申し込みが集中している場合は24時間かかることもあります。24時間経っても承認されない場合は、年齢確認に不備があったため再提出の連絡が来ている可能性があります。連絡が来ていないかどうかチェックしましょう。もし、連絡がない場合は、カスタマーサポートに問い合わせてください。

クレジットカード決済での年齢確認を選択した場合は、即時で年齢確認が終了します。すぐにペアーズ内でのメッセージのやり取りができるようになるので、スピーディさを求めるなら、クレジットカードでの年齢確認をおススメします。

ペアーズは年齢確認をしているから安心!

ペアーズでは、他の優良業者と同じように、年齢確認を徹底して行っています。18歳未満の児童が利用することのないように、そして、利用者が18歳未満と出会うことのないように、利用者を守る意味でも年齢確認は重要です。年齢確認をしないサイトに比べたら年齢確認が必要なペアーズは手間がかかるかもしれません。でも、ユーザーが犯罪に巻き込まれる事態を排除するためにしっかり取り組んでいる、ペアーズだからこそ安全に利用できるのです。18歳未満の児童と出会うことにアプリが使われないように厳しくチェックしてくれているので、利用者は安心して利用できます。

また、個人情報の通り扱いについても、「一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)」が提供している「TRUSTe」というところで確認を行っています。利害関係のない第三者機関にチェックしてもらっているので、安全性に優れているマッチングアプリだといえます。

まとめ

マッチングアプリや出会い系アプリ・サイトを安全に利用するためには、年齢確認をすることが何よりも大切です。ペアーズでは、徹底した年齢確認を行い、利用者が安全にマッチングすることができる場を提供しています。また、年齢確認のために提出された書類についても、厳しく管理されているので、情報漏洩の心配もありません。安心して利用できるマッチングアプリだといえます。
年齢確認の方法は「証明書写真の送付」または「クレジットカード決済」の2通り。利用しやすい方を選んで、しっかり年齢確認を行いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ